美味しいマンゴームースケーキを作るにはどうすればいいですか?


0
1 共有

美味しい、綺麗な6寸のマンゴームースケーキを手作りして、いい気持ちの一日を過ごしましょう。(๑¯◡¯๑)

下記の方法で、おいしくてかわいいケーキを作って、他人とこの幸せな気持ちを分かち合いましょう。(●’◡’●)ノ♥準備はできましたか?今から作りましょう。(•̀ᴗ•́)و

熱い天気に、オーブンを開ける勇気はないだ。😊

夏にぴったりのデザートはムースケーキしかない。

オーブンは全然使わなくてもいいんだ。ケーキは冷蔵だけしても食べられる。

果物の甘酸っぱい味は、生クリームの脂っこい味を中和することできる。

夏の午後茶にぴったりだ。

マンゴームース(6寸)-鏡面ペクチン調剤

参考成分:一つの6寸底の円型

材料

  • 消化ビスケット80 g
  • バター40 g
  • 薄いクリーム250 g
  • 粉ゼラチン10 g
  • グラニュー糖35 g
  • マンゴー200 g(砕いてムース層を作る)
  • マンゴー400 g(飾りとその他)

1/ 消化ビスケットを料理機で粉砕し、バターを電子レンジまたは水を隔てて加熱して溶かす。消化ビスケットとバターをよく混ぜる。

2/処理した消化ビスケットをケーキの底に敷き、しっかり押さえて冷蔵庫に入れて冷蔵しておく。


3/200 gのマンゴーを取り、料理機でマンゴの泥を作り、粉ゼラチンを10 g加える。

4/弱火でマンゴの泥を少し加熱して、かき混ぜて、粉ゼラチンと一緒に均一に溶解させる。これはマンゴー溶液だ。50度ぐらいまで加熱すればいいだ。煮沸しないでください。粉ゼラチンが溶けたら、マンゴー溶液を冷ます。


5/薄いクリームを取り出し、グラニュー糖35 gを加えて、電動の泡立て器で速くてつぶす。


6/薄いクリームを5-6分ほどに膨らんで、この時の薄いクリームは明らかな紋様が現れて、この時の薄いクリームを卵の頭に置いて、垂らす薄いクリームは卵の表面で積み重ねって、消えないで、全体の薄いクリームは液体の流動状を呈す。


7/薄いクリームとマンゴー溶液をよく混ぜ、マンゴームース液になる。


8/マンゴームース液に小刻みに切ったマンゴーの粒を加える。


9/マンゴーの粒を加えたマンゴームース液をケーキに入れ、軽く泡を取り除いて、冷蔵庫に入れて2時間冷やす。その後、ケーキを取る


10/鏡面ペクチンを加える必要な場合

板ゼラチン1錠、温水50 g、マンゴーの泥2匙
板ゼラチンを湯で溶かして、マンゴーの泥の中に入れて、均一に撹拌して、冷却したムースの上に置いて、4時間以上冷蔵して、できるなら一晩中で冷蔵したほうが一番いいだ
(板ゼラチンは一枚5 gで、等量の粉ゼラチンと交換してもいいだ)

チップス

 

【料理機以外のマンゴー泥の作り方法】

1.マンゴーの皮をむく。
2. クリーンスクレーバーでマンゴーをできるだけ切り刻む。
3.マンゴーの粒を小麦粉に入れ、クリーンスクレーバーでふるいにかける。
4.ふるいにかけたのがマンゴー泥らしいだよ。
簡単でしょう(๑¯◡¯๑)

【ケーキ抜きのコツ】ホットタオルでケーキの外側を温めておいて、上に出すと、簡単に外れるよ。平たいな包丁で底の一周を回して、もう一つの包丁でケーキをケーキの棚に載せたらいいだ。

A:粉ゼラチン板ゼラチンについて:
Q<1>液体を凝固するには、粉ゼラチンは欠かせない材料だ。粉ゼラチンでケーキを固める。もしケーキが作ってから凍らないならば、粉ゼラチンは何か問題が出た可能性がある。
<2>粉ゼラチンを板ゼラチンに交換してもいいだ。そして、同じ量だ。
5gの粉ゼラチンを5gの板ゼラチンに交換できる。大部分の店で売っている板ゼラチンは5 g/錠だ。板ゼラチンを氷水で浸して柔らかくして、掬ってから使う。
〈3〉固体の小さい粒がなくなるまで板ゼラチンを溶解する。溶解したらすぐに使ってください。
<4>寒い天気には動作を速くしてください。操作中にモヤさせてはいけません、そうでないと、最終製品にはたくさんの穴が出る。

A:保存
Q:ケーキ自体の温度が10度ほどになると柔らかくなって溶け始まるので、作り上げたケーキは冷蔵保管が必要だ。約3日ぐらい保存できるが、早めに食べた方がいいだ。食べるときは冷蔵庫から取り出してお召し上がりください。室温に置く場合、室温によって保存時間が異なり、一時間を超えないことをお勧める。

A:8インチの量はどのように計算しするか?
Q: 6寸の比例で、8寸のものを作るには、材料をX 1.78でいいだ。もちろん便利の上、直接にX 2して、少し高さの高いケーキを作ってもいいだ。

 

おいしくて、素敵なマンゴーのムースケーキが誕生した!
このケーキとその達成感を楽しんでください。

豆知識:

マンゴムースとは何でしょうか?
  ムースは英語のmousseの訳音で、乳ゼリー式のデザートだ。美食の都フランスのパリに最初に登場し、デザートマスターたちはクリームの構造を改善し、安定した役割を果たすために、生クリームにゼラチン(ベクチン)を加えて冷却凝固させた。また,温度,原料割合の制御,pHの把握により,新たな西洋点を創出した。彼らはこのデザートにロマンチックな名前をつけた――あれはムースだ。軽く噛むと、冷たい感じがして、口の中で溶けるような質感があって、断ることはできない。それがフランスの愛人-マンゴムースだ。
ムースには小麦粉が入っていないので、ケーキでもない、パンでもない。ムースは焼く必要はない、ただ冷蔵庫に入れるだけでいいだ。暑い夏には冷凍のムースが他のベーキング食品より人気がある。
ムースは直接食べたり、ケーキを作ったりすることができる。ケーキで作ったムースはムースケーキだ。西洋人はムースを好むことが多いだが、アジア人にとってはムースだけを食べるのは甘すぎて、ケーキと一緒に食べたほうがさっぱりしておいしいだと思われる。

 


いいね?あなたの友達と共有します!

0
1 共有
kimaru

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○