猫の飼い方体験談【初心者さん必見】


0

猫の飼い方
はじめて猫を飼う時何を用意したらいいか悩みますよね。
私も初めはそうでした。簡単にまとめました。参考になればとおもいます。

●猫を飼う手段

猫を飼う手段として3つがあります。
その他にも手段はありますが1部の紹介になります。
——————————

①ペットショップ
②ブリーダー
③保健所又は愛護センター

——————————

①ペットショップでの購入。

一般的なのが、ペットショップでの購入です。購入が簡単で当日にお家へ一緒に帰れるのがポイントです。※全てのペットショップが同日引渡しとか限りません。
ペットショップ購入は、直接自分の目で見て触わり考えることが出来ます。ペットショップは多く種類の動物を販売してます。人気の動物を中心にその他の動物もいます。沢山の猫の中から触って選べるので初めて購入したい方でもペットショップの店員さんが沢山アドバイス等をくれます。
※デメリット※
仲介があり、値段が高い。

②ペットブリーダーからの購入。

ブリーダーから購入すると、遺伝に配慮があります。(病気や奇形)
ブリーダーは子猫の容姿や子猫の健康、遺伝的疾患がないかを重視し販売してます。問題がある子猫は販売をしていません。子猫の性格の管理も徹底してます。要望にあった猫のおすすめをしてくれるのが特徴です。
※デメリット※
悪質ブリーダーか見極めが必要
悪質の場合、子猫の健康や性格に関心なく販売目的のブリーダーが存在します。

③保健所又は愛護センターから引き取り(譲渡)

最近、保護活動や譲渡会の言葉が浸透してきました。譲渡については場所で様々ですが諸費用がかかります。ペットショップやブリーダーよりは金額が抑えることができます。
※デメリット※
条件が厳しい。
※場所により条件が異なります。

●猫を飼う準備

猫を飼う時はいくつか準備が必要です。
快適に猫が過ごせるよう工夫しましょう。

動物を飼うことは大変です。楽しいこともありますが、お世話や金銭的にもかかります。責任を持って飼い続けてください

①猫用ベッド

猫用ベッド
クッションタイプ又は箱タイプなど一般的。
猫は気まぐれですので使用しない場合もあるかも……

②首輪

首輪
猫は色んなところを散歩します。首輪にどこの猫がわかるか記載をしましょう。鈴をつければ居場所が特定できます。

③トイレとトイレ砂

トイレとトイレ砂
猫は砂がある所をトイレだと思います。
飼う猫の大きさに応じて用意しましょう。

④キャットフード

キャットフード
猫用に販売しているドライフード等をストックしておきましょう。※人間の食べ物は与えてはいけません。

⑤食器

食器 水飲みと餌皿
多くの商品が販売されています。深過ぎず浅過ぎないあ程度がオススメです。

⑥爪とぎ

爪とぎ
爪とは、木や布、ダンボールなどの素材・形状の商品が多数あります。爪とぎ場所を設置するといいでしょう。家の家具で爪とぎをするのを防ぎます。

⑦オモチャ

オモチャ
運動不足を解消しましょう。
猫用猫じゃらし、ボール多種類の玩具が販売されています。

●お部屋で注意する場所

①配線注意
電気コードで遊んでしまう恐れがあります。感電すると大変です。カバーを付ける等対策がひつようです。

②窓や網戸
子猫の場合は大丈夫ですが大きくなるにつれ力がでてきます。窓や網戸を空けてしまう猫もいます。脱走の可能性がありますので窓にロックをしましょう。

③保護 床や壁
床や壁を爪で引っかいてしまいます。 保護シートでの対策が必要です。賃貸物件の場合は気をつけないといけません。

様々な場所で注意が必要になってきますので気をつけましょう。猫の健康と安全を保護しましょう。

●猫の多頭飼育の注意点

多頭飼いとは多くの動物を飼っている状況のことです。1頭飼いより沢山飼いたい方がいます。多頭飼いは費用がかかったり、猫同士の喧嘩がおこります。ストレスを感じる猫もでてきます。多くの猫を飼う場合は理解し猫の性格も考えたうえでお願いします。

猫はとても気まぐれで、マイペースです。放置してしまうとストレスになってしまいます。猫が遊んで欲しいと甘えてきます。そしたら沢山遊びましょう。たくさんの愛情を猫に注いであげてください。

●お金について

猫を飼うにあたり猫1匹約810,000円かかるといわれています。参考金額です。
※平均ですので環境によってはそれ以上の場合がございます。

予防接種、健康診断とワクチンや飼育グッズやおもちゃ、猫の餌代登録さまざまな所に出費があります。健康診断は年1回実施などの決まりもあります。フードや猫砂などの消耗品は定期的な購入になります。

消耗品は猫1匹月約5000円前後です。
多くの猫グッズが販売されています。より良いものを猫にあげる場合は平均金額を上回ってしまいます。

●まとめ

猫の事をよく考え購入してください。住んでいることろや環境、金銭面等様々なことを考えたうえでペットとして迎え入れてください。猫はとても気まぐれです。愛くるしいその姿で癒しをくれる存在です。悩みや不安がありましたらお近くのペットショップで相談するといいでしょう。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
Aaa

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○