見頃シーズン到来!北海道富良野のラベンダー観光!!

北海道を代表する観光地といえば富良野!そんな富良野を旅行した詳細を細かく紹介致します!!


0

 

【富良野へのアクセス】

車、レンタカー、バス、JRなどのアクセスを紹介します

・車

札幌から高速道路を使用、札幌インターチェンジ経由道央道42kmで三笠インターチェンジへ
三笠インターチェンジからは、高速道路を降り、道道岩見沢三笠線−国道452号−道道美唄富良野線64kmで富良野へ◇富良野まで、合計約140km、約2時間30分

・バス

札幌駅(駅前ターミナル)から中央バス・高速ふらの号(札幌<->富良野間)で道央自動車道・滝川経由し富良野へ◇富良野まで約2時間30分

・JR

新千歳空港から《千歳線急行約35分》札幌へ
札幌から《函館本線特急50分》滝川経由《根室本線普通70分》で富良野へ
富良野まで、合計約2時間35分(乗り継ぎ含まず)

【富良野で押さえておきたい観光スポット】

富良野と言えば、言わずと知れたラベンダーの街として世界的にも有名になりました

国内外の観光客がいつも賑わっています

そこで富良野に行けば行っておきたいスポットをご紹介します

・ラベンダー畑

ラベンダーでも、他のお花も沢山みられるこのファーム富田は有名な観光名所となっています

ラベンダーが見頃となる7月は訪れる人がかなり多く、土日は駐車場待ちの渋滞で午前中から長時間並ぶこともあります 実際にいってみると、車は長蛇の列でした
旅程を考えて、混み合う前の朝に訪れるのがベストかもしれません!

富良野地方で作付けされているラベンダーは、早咲きの品種が6月下旬以降に開花し、7月上旬~中旬が見頃となっています。

遅咲きの品種は7月上旬以降に開花し、中旬~下旬が見頃となりますので、まさに今の時期がラベンダー観光のベストといえるでしょう!

『ファーム富田』

所在地 〒071-0704
北海道中富良野町基線北15号

JR富良野線「富良野駅」またはJR函館本線「旭川駅」などから乗車し、「ラベンダー畑駅」で下車。ラベンダー畑駅からファーム富田までは徒歩7~8分程です。

2019年はノロッコ号に加えてふらの・びえい号も停車します。

・ドラマ、「北の国から」の撮影地

1981年の放送開始から三十数年たった今でも、根強いファンが多いドラマ「北の国から」。北の大地富良野で力強く生きる親子の物語は感動を呼びました。今も訪れる人が後を絶えない北の国からのロケ地をドライブするのもオススメです

『五郎の石の家』

【期 間】4月下旬~11月下旬(冬期間閉鎖)

【時 間】AM9:30~PM6:00(時期により早まる場合あり)

【入場料】500円(小学生・障がい者手帳提示の方は300円)

『拾って来た家』

【期 間】通年

【時 間】AM9:30~PM6:00(時期により早まる場合あり)
AM10:00~PM4:00(11月下旬〜4月中旬)

【入場料】500円(小学生・障がい者手帳提示の方は300円)

 

・やなせたかし アンパンマンショップ

やなせたかしの店 アンパンマンショップふらの店は、2000年7月1日にオープン以来、1階は日本最大級の品揃えを誇るグッズショップ、2階はアンパンマンの絵画などが見られるギャラリーを併設しています

時間によってはアンパンマンが出て来てくれて一緒に写真を撮れるサービスタイムもあります!アンパンマンの原作者・やなせたかし先生の気持ちから、入館料は無料、ショップ周辺はアンパンマンの世界に描かれるような四季折々の自然に溢れており、店内にはアンパンマンのおもちゃで遊べるプレイルームもあるので、子連れで来る人にとっては、まさに楽園、子供もとっても目がきらきらしながら遊んでおりました

外にも沢山のグッズが溢れており、お水で遊べるおもちゃもあります

 

尚、ふらのジャム園が隣接しており、ここではふらのジャム園で生産している38種類のジャムをご試食しながらの買い物が楽しめます。もともとはこちらのジャム園が先に開業しており、後からアンパンマンショップができました

『アンパンマンショップ』

〒076-0162 北海道富良野市東麓郷の3

アンパンマンショップ直通TEL

TEL 0167-29-2235  FAX 0167-29-2650

営業時間 / 9:00~17:30
定休日 / 年末年始のみ、その他は無休(12月-3月の冬期間は臨時休業する場合がございますので、事前にお問い合わせください。)

・ニングルテラス

ニングルテラスは新富良野プリンスホテルの敷地内にあります。森の中に木道と15棟のログハウスが建てられていて、各お店が個性豊かに可愛い作品を販売しております。

木に囲まれ、その自然な雰囲気はカップルや家族連れに大人気

薄暗くなる夕方にも、綺麗で幻想的なライトアップがされるのでそれもまた素敵です。入場や駐車場も無料なので、ドライブやちょっとみたいな、というだけでもピッタリな場所です

『ニングルテラス』

新富良野プリンスホテル ホテルより徒歩2分

〒076-8511 北海道富良野市中御料

入場料 無料

営業時間 12:00~20:45

電話番号 0167-22-1111

【富良野といえばノロッコ号】

「富良野・美瑛ノロッコ号」は機関車1両とトロッコ客車3両という構成で、「ラベンダー畑駅」は、中富良野~西中間に開設される臨時駅で、ラベンダー畑で有名な「ファーム富田」へのアクセス向上を目的に期間限定営業を行っています。

非常にゆったりとした速度で進むため、富良野の景色を楽しみながら乗ることが出来ますし、子連れだけではなく、大人にも人気です

実際の車両の中はこの様な感じでした

JR北海道では、2019年6月8日(土)から9月23日(月・祝)にかけての一部の日に、富良野線で毎年恒例のトロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」と、臨時快速「ふらの・びえい号」を運転し、両列車は臨時駅「ラベンダー畑」にも停車するとのことなので、ぜひ時間帯があえば乗車してみることをオススメします

実際には、車で行った私達も、富良野駅から、臨時駅であるラベンダー畑駅までの区間の乗車を楽しみ、車の運転手だけ、その先の駅で待っていてもらいました。他にも何名もその様な方がいました!

詳細や詳しい時刻などはJR北海道のHPに詳細があるので、事前の下調べをオススメします

【宿泊先】

旅を締めくくる宿泊先は、富良野にあるナトゥールバルトに宿泊しました

こじんまりとしているものの、子連れに優しく、気配りがありとても素晴らしいホテルです

中でもお風呂は、子供が万が一転んでも痛くないような畳がしいてあり、安心してお風呂に入ることが出来ました

食事のバイキングも美味しくいただき、プレイルームがある場所では子供も大喜び、何かと満足のいくお宿でした

夜も綺麗にライトアップされていましたよ

『ホテル ナトゥールヴァルト富良野』
〒076-0034 北海道富良野市北の峰町14-46
TEL.0167-22-1211 FAX.0167-22-1212

【富良野のまとめ】

富良野の一部を紹介させて戴きましたが、ラベンダーの時期を過ぎても様々な種類のお花が楽しめるため、見頃を過ぎても必要以上にガッカリすることは無いと思います。

富良野のグルメなり、景観なり、体験スポットなりと、様々な魅力で溢れている富良野は何度来てもまた違う楽しみ方、違う景色に出会えます。そしてすぐ隣にある美瑛町まで足を伸ばせば又、素晴らしい景色をみることができます

ただ、中には素晴らしい丘の景色、花の風景をみたいがために、一部マナーの問題も勃発しています。私有地に許可無く入る、畑を踏みつぶして撮影するなどの声もきこえます。マナーを守って、大切な景観を守りながら、この美しい景色をいつまでも残しておきたいですよね


いいね?あなたの友達と共有します!

0
yukakichi

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○