世界遺産、北海道知床半島の自然を大満喫

世界遺産に登録された北海道の知床半島。ここは手つかずの大自然や野生の動植物の宝庫です。ここでは一度は訪れる価値のあるスポットをご紹介致します!


0

【アクセス】

・マイカーの場合

北海道は広いですので、どこから出発するかでアクセス方法や距離が変ってきます。

主要都市間距離は以下の通りですが、いずれも可能な限り高速道路利用での計算であり、スムーズに進んだ場合ですので、実際の混雑状況によってはこれ以上かかります。

余裕を持って計画しましょう。

札幌からだと旭川回りで行くのが普通です。

札幌市発・旭川市経由
斜里町ウトロ:424.3km・所要6:51
羅臼町:452.4km・所要7:25
旭川市発・北見市経由
斜里町ウトロ:284.6km・所要5:02
羅臼町:312.7km・所要5:36
稚内市発・紋別市経由
斜里町ウトロ:411km・所要7:32
羅臼町:439.1km・所要8:06
北見市発
斜里町ウトロ:124.5km・所要2:33
羅臼町:152.6km・所要3:07
根室市発
斜里町ウトロ:165.7km・所要3:12
羅臼町:137.6km・所要2:38
釧路市発・中標津町経由
斜里町ウトロ:191.3km・所要3:43
羅臼町:163.2km・所要3:09
帯広市発・羅臼町は弟子屈町経由、ウトロは美幌町経由
斜里町ウトロ:250.2km・所要4:47
羅臼町:270.3km・所要5:01
苫小牧市発・旭川市経由
斜里町ウトロ:468.5km・所要7:09
羅臼町:496.6km・所要7:43
函館市発・旭川市経由
斜里町ウトロ:710km・所要10:24
羅臼町:738.1km・所要10:58

・飛行機の場合

最寄り空港は、女満別空港、根室中標津空港の2つがあります。斜里町ウトロに近いのが女満別空港、羅臼町に近いのが根室中標津空港です。女満別空港からはレンタカー、都市間バスも利用できますが、根室中標津空港からは都市間バスがあるかは事前に確認しましょう

・JRで行く場合

最寄駅は、釧網本線の知床斜里駅。斜里町ウトロには近いですが、羅臼町には遠いといえます。札幌からは網走まで特急オホーツクが1日4往復運行しており、その先は普通列車になりますが、本数が少なく不便かもしれません。網走から斜里町ウトロまで都市間バスという手もあります。一方、札幌から釧路まで特急スーパーおおぞらも運行していますが、そこから先は阿寒バスによる路線バスになります。

 

【知床の観光名所】

・オシンコシンの滝

知床斜里駅から車やバスで40分

知床半島に向かう入口ともいえる場所に、国道沿いにあります。

近くで見ると圧巻のこの滝は、途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。階段があり、滝の中ほどの高さまでいけるので、その迫力を体感することができます。
また、滝の上にある展望台からはオホーツク海や知床連山を遠望することができ、特に流氷の季節は絶好、見渡す限りの白い海原が感動的です。   「日本の滝100選」にも選ばれています。

電話 知床斜里町観光協会 0152-22-2125

利用期間 通年

駐車場 あり。バス35台、乗用車35台

トイレ あり。車いすにも対応。

備考 売店あり

・カムイワッカ湯の滝

北海道斜里郡斜里町のカムイワッカ川にかかる滝ですが、活火山である知床硫黄山の中腹から涌き出る温泉が川に流れ込み、川全体が流れる温泉のようになっています

◆カムイワッカ湯の滝は酸性の強い温水が流れ落ちる滝です。肌の弱い方はご注意ください。
◆滝の中はすべりやすくなっています。歩く際は、なるべくかかとが固定されるサンダルを着用し、足もとに十分注意してください。
◆ヒグマ対策もしっかりと!知床は全域がヒグマの生息域です。カムイワッカ湯の滝周辺はいつヒグマが出没してもおかしくない場所なので、ヒグマに出会わない対策と出会ったときの対処法を知っておきましょう

利用期間(毎年変りますので事前にチェックしてください)

2019年は5月31日~10月下旬の予定

また、8月1日~8月25日は混雑防止のため、自家用車の乗り入れが規制されます。

駐車場

駐車場はカムイワッカ湯の滝のすぐ手前にあり、十数台駐車できます。駐車料金は無料です。

トイレ

仮設トイレがあります

・知床観光船

世界自然遺産・知床を船上から楽しめる、知床観光船

大型の観光船から、小型の少人数のクルーズなど、知床の壮大な風景、鮭を追う熊、群れをなすイルカ、クジラ、野鳥など、知床世界遺産クルーズが楽しめます

こちらは5月に行った写真ですが、山々にはまだ残雪が残り、神秘的な風景を楽しめました

船舶の紹介

おーろら 事業者道東観光開発(株)

電話 0152-24-2147

営業時間9:00 – 18:00

定員400名

ゴジラ岩観光

電話0152-24-3060

営業時間7:00 – 18:00

・知床五湖

まるで湖が鏡のように映し出されているとても神秘的な風景を楽しめる、観光必須ポイントです

ここは、原生林に囲まれてたたずむ幻想的な5つの湖がある場所であり、散策しながら湖を1つずつみて回るハイキングコースとなっています

周りの樹林や知床連山を湖面に写しながら静寂を保っているその姿は、まさに原始の中の楽園にふさわしく、数多くの植物、動物たちを目にすることができます。

実際に私が行ったときも遊歩道の目の前にオスの角が立派に生えた鹿と遭遇し、通過するか迷ったほどです。幸い、何もなく、そのまま歩く事が出来ましたが、クマが出てもおかしくない、原生林を歩いて行くので、クマよけの鈴があっても良いと思います。

また、 高架木道の展望台からも湖の景色を楽しめることが出来ます。

五湖を全部まわるのは大変時間がかかるので、1湖、2湖をめぐるのが一般的なコースとなっています

知床五湖

電話 知床五湖フィールドハウス 0152-24-3323

利用期間 4月下旬〜11月下旬(予定)

駐車場 あり。有料(大型バス・乗用車・バイク)

トイレ あり。車いすにも対応

備考 レクチャー受講、ヒグマ活動記のツアー予約受付等

【番外編 北浜駅】

オホーツクの海から一番近い駅として、実感できる北浜駅、ここは車両が1両のみ、とてものどかで、情緒溢れる風景がご覧頂けます。私も、体感しに行ってきました。

知床からは、その隣町、網走市というところにこの小さな駅はあります。

網走と釧路を結ぶJR北海道の釧網本線は、雄大な自然を車窓の風景にして走る路線。その釧網本線の、網走駅にほど近いオホーツク海沿岸にある北浜駅

駅の横にある展望台からは、眼前に広がる海と遠くに霞む知床連山、そして夕陽に光る線路。加えて、古びた小さな木造駅舎が、私たちの旅情を誘ってくれます。冬には流氷にも出合えるというこの北浜駅で、心癒される静かな時をすごすのもオススメします

尚、電車は2時間に一本の割合、見れたらラッキーと思ってましょう

近年は大型観光バスが立ち寄るケースも増えてきました。出来れば、混雑を避けれればより情緒を味わえるでしょう

ちょうど列車がきてくれました!

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

世界遺産に登録されてから、更に人気になった知床半島ですが、手付かずの大自然が満喫できる、北海道の中でも屈指の人気スポットとなっています。

ワイルドに散策できたり、数多くの貴重な動植物が生息する姿を目の当たりにできたり、更には春夏秋冬、全てのシーズンで違った顔を見せてくれるので、冬の流氷がやってくる時期の流氷砕氷船も見逃せません。

ぜひ一度訪れてみてください!!!


いいね?あなたの友達と共有します!

0
yukakichi

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○