あなたの肌はどっち?イエロー?ブルー?見分け方など伝授します

日本人の肌はイエローベースがブルーベースに分かれていると言われています。 今回は、その見分け方を伝授します。 また、そのベースに合った色も一緒にご紹介します。 メイクの色選びに参考にしてみてくださいね。


0
1 共有

あなたの肌はどっち?イエロー?ブルー?

私はイエローベースです。あなたはどっちでしょうか?

イエローベースかブルーベースかによってメイクの色合わせも変わってきます。

どちらのベースなのか分かりやすいように詳しくご紹介しますね。

イエローベース肌の特徴

・まずは手首を見てください。手首の色の血管が緑の方はイエローベース肌です。

・白目が少し黄みかかった色(アイボリー系)だとイエローベース肌です。

ブルーベース肌の特徴

・ブルーベースのお肌の方は手首の色の血管は青色に見えます。どっちか分かりにくい方は、周りの友達と比べてみてください。

・白目が少し青みかかった色、水色っぽい色であれば、ブルーベース肌です。

充血していない状態でまずは確認してみてください。

ファンデーションが馴染む色はイエローベースやブルーベースで変わってくる

手首などにファンデーションを乗せた時に馴染む色ってありますが、それらもまたこのベース肌によって変わってきます。

・イエローベース肌のファンデ選び

ライトベージュ、ライトイエロー、ライトオークル、オークル

・ブルーベース肌のファンデ選び

ピンクオークル、ピンクライト

どちらも肌に馴染んでいるような色を探してみてください。

メイクの色選び、お肌に似合う色はどっち?

メイクの色を選ぶ時、この色は似合うのかな?と思って付けてみたら、やっぱり似合ってなかったということありませんか?

私は何度かあって困りました。

買ったのはいいものの、似合わないし付けたくないから結局すてるはめになりました。

今ではイエローベースに似合う色をまずは選んで試してから買うようにしています。

イエローベース肌におすすめの色

イエローベース肌に似合う色は名前の通りに黄みよりの色の方を選ぶと血色がよくなり、肌色が明るく見えます。

そのため、選ぶ時は、顔色がワントーンアップする色を選ぶといいですよ。

コーラルカラーや、オレンジなどがおすすめです。

ブルーベース肌におすすめの色

ブルーベース肌の方はピンクよりの白い肌をしているので、それを生かした青みがかった色を選ぶと透明感が増してきれいに見えますよ。

間違った色を選んでしまうと、顔色が病的に見えてしまうので注意してくださいね。

【必見!これを見たら色選びは間違いなし!】

アイシャドウやリップは、どうしてもその方の肌色に影響を受けます。

間違うと色が変に目立ったり、顔色が悪くなったりもします。

これを読んで色選びの参考にしてみてください。

イエローベース肌のアイシャドウ選び

イエローベース肌さんのアイシャドウ選びは、やはり青色などの冷たい色よりも、温かみのある色の方が似合います。

ブラウンはどの方でもなじみやすいと言われていますが、どちらかというと黄みかかったブラウンやゴールドなどが良いです。

アイラインも同じく、ブラウンがおすすめです。オレンジ、黒ベースよりのカーキ、意外性をつくならボルドーやなども試してみてください。

ブルーベース肌のアイシャドウ選び

ブルーベース肌さんのアイシャドウ選びは、寒色系がまずはおすすめです。

ブルー系を乗せることで肌の白さが際立ってキレイに見えますよ。

意外な色が欲しいと思う方はグレーやパープルにチャレンジしてみても似合いますよ。

また、ゴールドよりもシルバーのパールがかった色見も是非トライしてみてくださいね。

アイラインは黒ではっきり色をつけても似合いますし、どちらの肌にも合うブラウンのアイラインも使えますよ。

イエローベース肌のリップ選び

イエローベース肌さんのリップはグロスなどの艶感があるものがおすすめです。

色は、朱色の赤や、コーラルピンク、チョコ系も似合います。

真っ赤な赤よりも黄みが入った赤の方が肌を良く見せてくれます。

もちろん、逆に青みがかっている色や白い感じの色だと浮いてしまうので注意です。

ブルーベース肌のリップ選び

ブルーベース肌さんのリップ選びは、もちろんピンクです。ピンクも赤みかかったローズピンクや、パステル色が強いパステルピンクなどもおすすめです。

白みかかったピンクはお肌を白く明るく見せてくれますよ。

悩んだら、青みがかったピンク系や赤みが強いローズレッドを選んでみてください。

意外な色が欲しい方はワイン系もおすすめです。

ちなみに失敗しないためにも、オレンジ、コーラルピンク、ブラウンはイエローベース肌さんが似合う色なので、避けた方がベターです。

これで、大丈夫!失敗しても好きな色でも混ぜて使うことで色を楽しめる!

私の場合、ピンクはピンクでもブルー系のピンクは似合いません。どちらかといえば、コーラルピンクの方が似合います。

でも、間違って買ってしまったらどうしますか?

捨てるのはもったいないので、アイシャドウの時は、ブラウンをまずは乗せてから次は、ピンクのアイシャドウを乗せます。するとグラデーションがうまく決まって悩んでいた色もうまくいくようになります。

使わないリップを再利用する方法

色が合わずに使わずに放置しているリップはどうしていますか?

再利用が出来る方法をご紹介します。

簡単!使わないリップもまた使えるようにする方法

私は、ナイフでリップを切って、鉄制のスプーンに乗せて火にあぶって溶かしてから好きな色のリップと混ぜ合わせてオリジナルリップを作ることにしています。

混ぜ合わせたリップは、使い切ったリップケースや、100均に売っている小さなケースに入れます。

溶かした後は熱いのでやけどに気をつけてくださいね。

そうすることで眠っているリップを再び使うことができるので、たんすの肥やしにする前に試してみてください。

もちろんチークも!再利用する方法はいくらでもあるよ!

リップだけではなく、チークも同じです。

次は、使わなくなったチークをとあるものと合わせて、練りチークやリップに変身させる方法をご紹介します。

こちらも是非試してみてくださいね。

使わなくなったチークはワセリンと他の色を混ぜてリップやチークに変身

チークの場合も同じで、粉チークの時は、ワセリンを湯煎で溶かしてから粉のチークと好きな色のチークを混ぜます。そのあと、100均などで売っている小さなケースに入れて完成です。
ワセリンやシアバターを溶かして作ると保湿効果もあるので、うるおい不足な唇にうるおいを与えることができますよ。
この方法はチークもリップも使えるので覚えておいて損はないです。
使い方1つで選び方を間違えてもこれからは大丈夫ですね。

あなたはどちらでしたか?これからは色選びで間違わない

昔、ブルーベースのリップを買って口だけ浮いて変な感じがしました。

それと同じく、流行った紫色でもブルーよりの紫を選んだため、瞼が殴られたような感じになりました。

やはり、色選びは肝心だと実感したことで今では、イエローベースだからピンクでもコーラルピンクにしておこうとか、ネイルもオレンジ系にしてみようとか色々と色を楽しんでいます。

イエローベース肌さんは、黄みかかった色をベースに選んで、ブルーベース肌さんは、青みかかった色をベースに選んでみてください。

たんすの肥やしになっているリップやチークもワセリンやシアバターを合わせて溶かして混ぜればまた違った色でリップやチークを楽しむことができます。

どうしても、似合わないからって使わずに置いておくのももったいないですもんね。

みなさんも、これを機会に色選び参考にしてメイクを楽しみましょうね!

 

 


いいね?あなたの友達と共有します!

0
1 共有
Hiroron

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○