クランベリーの美容効果ってすごい!

クランベリーってご存知ですか? クランベリーはとても栄養があり、美容効果がすごい!と言われています。 アメリカでは広く知られており、病院でも出されるくらい健康効果も高いとされています。 健康だけではく、美肌効果にも優れているため、キレイになりたい人なら今回は是非必見です。


0

クランベリーってご存知ですか?

クランベリーはとても栄養があり、美容効果がすごい!と言われています。

アメリカでは広く知られており、病院でも出されるくらい健康効果も高いとされています。

健康だけではく、美肌効果にも優れているため、キレイになりたい人なら今回は是非必見です。

何かすごいのかご紹介しますので美容に興味がある方は参考にしてみてくださいね。

クランベリーって何?

そもそもクランベリーとは、アメリカ北米産で育てられている果物のことです。

北米に生息しているツツジ科の低い木で1cmくらいの小さな赤い実をつけます。

古いむかしの時代から健康にとても良い果物のひとつとして知られています。

特に飲み物は、膀胱炎の予防・改善するためにとても古い時代から飲まれてきました。

クランベリーに含まれているキナ酸はおしっこの細菌の繁殖をおさえる作用があり、

そういった意味で昔から健康のためにつかわれてきました。

また、食物繊維や貧血を予防する鉄分、カルシウムなど女性には大切な成分がたくさん含まれています。

最近の調べでは、歯周病菌、ピロリ菌の感染予防や動脈硬化、またガンなど

生活習慣病の予防として効果が高いと期待されています。

ベリーはベリーでもブルーベリーやラズベリーとの違いは?

クランベリーのベリーとつくだけあって、ブルーベリーやラズベリーとの差はあるのでしょうか?
違いは属性にあります。
クランベリーとブルーベリーはツツジ科スノキ属
ラズベリーはバラ科キイチゴ属です。

一見するとどれも同じように見えますが実は、ラズベリーだけキイチゴだったのですね。
こうやってみると味はブルーベリーやラズベリーはそのまま食べることが出来るのに対してクランベリーはすっぱくてそのまま食べることができず加工が必要なのに対して、生でも食べられるブルーベリーと同じ属性です。
植物って本当に不思議ですよね。

どうしてクランベリーはなぜ美容にいいの?

クランベリーは健康効果の他にも研究を進めていて、クランベリージュースを飲むことで

お肌のハリや透明感などの美容にも期待が持てることが研究結果から明らかになりました。

クランベリーは健康効果の他にも研究を進めていて、クランベリージュースを飲むことで

お肌のハリや透明感などの美容にも期待が持てることが研究結果から明らかになりました。

クランベリーに含まれる成分ポリフェノール

濃い色の植物に多く含まれるポリフェノールは抗酸化作用があると言われており、ぶどうから作られるワインやカカオから作られるチョコレート、コーヒー、緑茶などに多く含まれています。

錆びないカラダをめざすには、ポリフェノールは必須と言われています。

動脈硬化や生活習慣病の予防に役立っています。

ちなみに、ポリフェノールは水に馴染みやすい性質があり、わりと短時間で作用しますが、持続時間が長くはないのでこまめに摂取することをおすすめします。

クランベリーに含まれる成分アルブチン

また、美容成分のアルブチンが含まれています。

アルブチンは紫外線を浴びることでお肌にダメージが与えられシミ、そばかすの原因とされるメラニン色素の沈着を防いでくれる作用があることで知られています。

ここ最近では、化粧品に多く含まれることが増えました。

そのため注目される率も高まっています。

ちなみに、クランベリーのアルブチンはポリフェノールとの相乗効果が非常に高くて

美容効果に大変期待がもてる成分です。

クランベリーに含まれる成分プロアントシアニジン

プロアントシアニジンはポリフェノールの1種です。

ぶどうに含まれるアントシアニンとは別物です。

プロアントシアニジンはコラーゲンとエラスチンを結び付けて、お肌の生まれ変わりに期待が持てる成分の1つです。

ターンオーバーの正常化作用があります。

なんと、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍もの効果が期待できると言われています。

お肌をキレイにしたいなら、注目すべき成分の1つですね。

クランベリーに含まれる成分ビタミンC

クランベリーにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCはコラーゲンを作る時に必要ということで有名でもあります。

美肌を目指すには必要な成分の1つになりますよね。

でも、クランベリー自体がとてもすっぱいので生のままでは食べられないので加工して食べたり飲んだりする方がいいかと思われます。

クランベリーはすっぱくて生で食べられないならどうしたらいいの?

クランベリーを摂れば美肌効果に期待が持てるということは、食べたりすることで摂取できるのですが、どのように摂ればいいのでしょうか?

すっぱくて生では食べられないならなんとかして加工しなければいけません。

次は、その点についてどうやって摂取することができるようになるのかをご紹介します。

クランベリーを効果的に摂取するにはどうしたらいいの?

生で食べるとすごく酸味がきつくて食べられたものではありません。

では、どうしたらいいの?ということで調べてみました。

・ジャム

ジャムならパン、ヨーグルト、パンケーキにのせて一緒に食べたりすることができますよね。

手軽に摂れるので、料理に使われることも多いので、料理上手であれば、ジャム作りにチャレンジしてみてくださいね。

・クランベリージュース

アメリカではクランベリージュースが一般的とされており、病院でも再発防止のために出されていると言われています。

クランベリージュースのカロリーが気になるという方は多いと思います。

そのままで販売されていることもありますが、基本的にはすっぱいので砂糖が多くふくまれています。

カロリーがどうしても気になる場合は、砂糖不使用のジュースを購入し、水や炭酸水でワ割って飲む方法もありますよ。試してみてくださいね。

・ドライフルーツ

酸味がきついならドライフルーツにして甘さを引き出したりすると確かに手軽に

少しお腹が空いたときにもいいですよね。

おやつ感覚で食べられるのは良いポイントです。

・ソース

肉料理によく使われるそうです。

ステーキソースに使うことでお肉の味が一層引き立つので作られている家庭が多いのです。

・サプリメント

サプリメントは美容効果が高いため定期的に摂るには一番手軽な方法です。

それに、いつでもどこでも摂れるので私はサプリメントをおすすめしたいと思います。

ジュースにすると砂糖が入っていたり、ジャムは大量の砂糖が含まれているなら、ダイエットのことも考えてサプリメントがカロリーを抑えてなおかつお肌にもいいとなると

一石二鳥ではないでしょうか?

美容を意識するならクランベリーを摂ろう

今回は、美肌を意識するならクランベリーを摂ろうということで、クランベリーに注目してみました。

アメリカでは日常的に親しまれている果物ですが、日本ではあまり知られていないことが多いかと思います。

膀胱炎の予防に効果的ということから昔から愛されてきたクランベリー。

抗酸化作用で錆びないカラダ作りはもちろんお肌にも注目することができます。

美肌には、はり、透明感などの他にもシミ、そばかすのメラニン色素を抑える作用があり、

コラーゲンの生成にも一役買い、とても女性としては必要な果物です。

ジュースやジャムの他にもサプリメントなども販売されているので、気楽に毎日摂ることも可能ですので一度、飲んでみたり、ジャムで食べてみたりしてみてくださいね。

そして一緒に美肌を目指しましょう!


いいね?あなたの友達と共有します!

0
Hiroron

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○