TFT(チームファイトタクティクス) 世界で最も遊ばれているオンラインゲームを作った会社の新しいゲーム

LOL(League of Legends)を知っていますか?世界で約1億人がプレイしているオンラインゲームです。その世界一のゲーム会社が新しく作ったゲームを紹介します。


0

LOL(League of Legends)を知っていますか?世界で約1億人がプレイしているオンラインゲームです。その世界一のゲーム会社が新しく作ったゲームを紹介します。

LOL(League of Legends)というゲームを知っている人は多いのではないでしょうか?アメリカのRiot Gamesが作ったPCオンラインゲームで、世界で1億人が遊んでいるというとんでもないゲームです。これは世界でテニスと同じくらい遊ばれているということです。(サッカーが2.5億,野球が3000万)

そんなとんでもないゲームを生み出したRiot Gamesが最近生み出したゲーム、それがTFT(Team Fight Tactics)です。

オートチェスと呼ばれる最近生まれたジャンルのゲームでまだまだ発展中ですが、Riot Gamesはこのジャンルに魅力を感じて飛び込んでいきました。

今回は世界一のゲーム会社も取り付かれたその魅力を是非みなさんに紹介します。

新しいゲームを探していたあなたやこれからゲームで上を目指したいあなた!
リリースされてまだ1ヶ月程度の今ならこの大きなブームに間に合いますよ!

TFTはこんな人におすすめ

リリースしてまだ1ヶ月ほどのTFTですが、かなり多くの人におすすめのゲームです!
まずオートチェスと呼ばれるように頭を使って考える要素もあるので、対戦型のカードゲームや資源を管理するタワーディフェンスゲームが好きな人におすすめです。

また、対戦はちょっと・・・と思う人もいるかもしれませんが、同時に8人と戦うのでとても気楽に戦うことができます。これは対戦型の苦手な日本人にとってはとてもいいですね!

そして本気で遊ぶならかなり考えるゲームですが、チェスやオセロなどと同じようにかなりカジュアルに遊ぶこともできるので、片手間にちょっとやろうかな。といった人にもオススメです。
戦闘自体はオートで進むので、その間他のこともすることができます。
実際他のゲームをやりながらも遊べるほどです!

もちろんLOLをやったことがある人なら無条件でおすすめできます。一度手を出すとLOLのプレイ時間が減ってしまうかもしれませんが・・・。

そしてここの運営会社は世界一のゲームを作った会社。LOLでは世界大会で賞金総額7億円を超える規模となっています。つまりこれからこのTFTでも世界的に大きな大会が開かれていくのではないでしょうか?
事実リリースして1ヶ月ですが、既に海外ではTFTのプロチームが出来てきています。
既にハースストーンのプロや有名ストリーマー、LOLのプロ、RTSのプロなど様々なゲーマーがTOPを目指してプレイしています。

そんなTFTでプロ・有名人になることを目指してみるのもどうでしょうか?

TFTってどんなゲーム?

TFTはジャンルがオートチェスと呼ばれており、一言で表すなら「勝手に戦ってくれるチェスゲーム」です。

なんだそれ?と思うかもしれないのですが、ルール自体は駒を買って駒を出す。そうしたら後は勝手に戦ってくれるという本当に単純なものです。

8人で対戦するラウンド制チェス

TFTは1:1ではなく、8人対戦ゲームとなっています。

そしてそれは厳密には8人全員同時に戦うのではなく、その中でランダムに選ばれた1人と戦います。
つまり1:1が4組行われるのです。

そしてラウンド制となっており、負けた場合にはHPが減る。そしてHPが無くなったプレイヤーから敗退していく。最後の1人まで勝ち生き残った人が勝利となります。

駒をお金で買う

TFTでの駒は自分で買うことによって手に入れます。
お金はラウンド毎にプレイヤーに一定額配布され、連勝していたりお金を多く持っていた場合に利子という形で多く貰えます。

約50種類のチャンピオン(所謂ユニットでLOL・TFTではチャンピオンと呼ばれている)の中から毎ラウンド5体ショップに並べられ、お金を払って買ってそのチャンピオンをフィールドに出すことによって戦うことができます。
買う以外にも欲しいチャンピオンがショップにいなかった場合には「リロール」といってお金を払ってショップの更新をすることで入れ替えることができます。

また買った時点ではキャラのレベルは1で、同じチャンピオンを3体集めることによって合体してチャンピオンのレベルが上がり2になります。
そのレベル2の同じチャンピオンを3体集めることで星が上がりレベル3のチャンピオンとなります。

↑下の一覧の5体のチャンピオンを購入することができる。

出せる駒の数は制限されている

各チャンピオン以外にも、プレイヤー自体にレベルが存在しており、そのプレイヤーレベルの数だけ駒を出すことができます。(例外アリ)

そのプレイヤーレベルは経験値で上がりますが、毎ラウンド経験値が入るほかにもお金で経験値を購入することができます。

駒の数が制限されているということから、チャンピオン自体のレベルがとても重要になることがわかると思います。

オリジンとクラス

各チャンピオンはスキルを持っていますが、その単体の性能だけではありません。
それぞれ「オリジン」と「クラス」を持っており、オリジンは所謂「種族」のようなものです。クラスはアサシンやナイトなど職業のようなものです。

チャンピオンは基本的にそれぞれオリジン1種・クラス1種持っており、同じオリジン・クラスを集めると強力なボーナスが付きます。(但し同じチャンピオン2体並べても発動しない)
例えばガーディアンなら味方の防御力が増加する、アサシンならクリティカルダメージが増加する等です。

チャンピオンを買う時にこのオリジンとクラスを考えながら集めて、強力なボーナスを持って戦っていくことがこのゲームの基本となっています。

アイテム

TFTはラウンド制と言いましたが、毎回他のプレイヤーと戦うわけではなく、時折モンスターと戦うことがあります。
その時にモンスターはアイテムを落とし、それをチャンピオンに装備させることによって一気に強力なチャンピオンになったりします。

そしてそのアイテムは2つを組み合わせることによって更に強力なものとなり、一気に戦況を変えるものとなります。
例えば金のヘラを2つ組み合わせると出せるチャンピオンが1体増えたりなどとても強力なものが揃っており、戦況を大きく左右する要素の1つとなっています。


ドラフトラウンド

数ラウンド毎に「ドラフトラウンド」というものが行われます。
これは下位のプレイヤーの救済で、順位が下のプレイヤーから順に駒を選んでいきます。

またドラフトラウンドの駒は全員アイテムを装備しており、このドラフトラウンドでのみ自分が欲しいチャンピオンだけでなく、アイテムを目的として入手することができます。

つまり順位がずっと高いと余りモノしかゲットできないというデメリットもあります。
このポイントが大きな逆転要素となります。

↑順位が低いプレイヤーから順に円から出れるようになっている。

実際の操作はとても簡単

ルールを細かく説明をしましたが、実際の操作はとても簡単です。
毎ラウンドお金が入るのでそれを使ってチャンピオンを購入。
同じチャンピオンを集めてレベルを上げて強くする。
プレイヤー経験値を購入してプレイヤーレベルを上げてチャンピオンをたくさん出す。
同じオリジン・クラスを集めて強力なボーナスを貰う。

やることは上記したことくらいで難しいことはありません。
しかも実際の操作は「チャンピオンの購入」「いらないチャンピオンの売却」「アイテムをチャンピオンに装備させる」くらいです。

本当に簡単なので1,2回プレイするだけでもう慣れてしまうと思います。

TFTの良いところ

TFTの良いところ・おもしろい部分は多くありますが簡単に紹介します。

・課金で勝負は変わらない
課金要素はスキン(所謂見た目)のみなので、対戦に一切影響はありません。
LOLもそうなので、これからも決してpay to winになることはないでしょう。

・PS(プレイヤースキル)差ではなく頭脳戦
対戦ゲームは基本的に所謂プレイヤースキルで差がつくので一方的にやられてしまったりするのですが、このゲームの戦闘自体はオートで進むのでそこでの差はありません。
基本的には「どの駒を買ったほうがいいのか」等の戦略で全てが決まってきます。

ずっと勝てなかった相手に対して、有利な編成を考えて勝てるようになった瞬間はとても気持ちがいいですよ。

・ランク戦(所謂レート戦)でも気負わずできる
例えば1:1の対戦ゲームなど、どんなゲームでも相手に弱いと思われて煽られたりすることがあると思います。
また、チーム戦のゲームだと仲間に責められることもあると思います。
このゲームの場合は8人同時対戦で、全員が敵なので煽られることも滅多にありません。

・ボク、ワタシが考えた最強のチームの爽快感がとんでもない
基本的にTFTはもちろんメタ(所謂メジャーな編成・戦略)がありますが、ショップに並ぶチャンピオンはランダムなので常にその編成ができることはありません。

なのでその場その場で自分で編成を考えるのですが、それがハマってメタな編成にも勝てることがあります。
その時の気持ちよさはもうプレイした人にしかわからないと思います。

・大逆転も大いにあり得る
編成によっては序盤キツイものもありますが、最下位(8位)から一気に1位になって優勝することもよくあります。
この気持ちよさもオートチェス特有ですね。

・ランク(レート)戦では基本的に4位以上で上昇する
基本的にどのゲームも勝たないといけないゲームなのですが、このゲームは8人対戦なので4位以上に入れれば基本的にランクポイントは上昇します。
もちろん1位の時はたくさん上昇して4位のときは少しだけですが、1位を狙うのはキツくても4位を狙うこともできます。

・バランス調整が頻繁にある
基本的に毎週バランス調整が入ります。
ここの運営は基本的に均一したバランスを保つことよりも、ちょっと強いチャンピオン・アイテムなどをワザと作っています。
それによってドラマティックな展開が起こるように調整されています。

このバランスは流石に・・・と思っていても次の週には調整されるので安心ですね。

・運営が競技シーンに向けている
運営がRiot Gamesなので、まずスグには終わらない・そして大会も開催されるだろうという期待があります。
実際海外でプロチームも出来始めていますし、これからがとても期待できると思います。

・動作環境や回線に左右されない
最低条件の動作環境は満たさないとプレイはできませんが、戦闘はオートなので回線速度は大して必要ありません。
LOLよりも軽いですし、必要動作環境は低めになっています。


TFTの悪いところ

・運要素がかなりある
人によってこれは良い悪いあると思いますが、カードゲームなどと同じように運要素もかなりあります。
自分が欲しいと思っているチャンピオンがきたり来なかったり、装備が来たり来なかったり・・・。

・1戦のプレイ時間が長い
基本的に1戦のプレイ時間は20-30分程度です。
早々に負ければすぐにそのゲームを抜けられるのでもっと短いこともありますが、1,2位の争いが接戦のときは40分弱かかることもあります。

・メタな戦略が目立つ
プレイしていると強いと話題になった編成・戦略がかなり多くなります。
もちろんその編成を常にしても勝てる訳ではありませんし、1週間後には変わっていると思いますが、人によっては「またこれに負けるのかよ・・・」となるかもしれません。

世界中で人気の新しいジャンルのゲーム

TFTは新しいオートチェスというジャンルのゲームですが、既に世界中でプレイされて人気のゲームとなっています。

簡単でしかし戦略が深く、その戦略も毎週変わっていくというドンドン変わっていくゲームなので、これから手をだしてみてはいかがでしょうか?
今ならTFTのトッププレイヤーになることも夢ではありませんよ!
一緒にこのチームファイトタクティクスを楽しみましょう!


いいね?あなたの友達と共有します!

0

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
問答
Series of questions that intends to reveal something about the personality
トリビア クイズ
Series of questions with right and wrong answers that intends to check knowledge
投票
Voting to make decisions or determine opinions
投稿
○○○○○○○○
リスト
The Classic Internet Listicles
カウントダウン
The Classic Internet Countdowns
Open List
Submit your own item and vote up for the best submission
Ranked List
Upvote or downvote to decide the best list item
Meme
Upload your own images to make custom memes