シャクヤクの育て方 !花言葉は?


0

シャクヤクは秋に植えるのが一般的で、植える前に品質の良い種や砂質の土壌を選び、土を30センチほど深くひっくり返す。 2日間ほどぬるま湯で種を浸した後、土にまいて種の上にビニールシートをかぶせます。 後期温度は16−24℃に保たれており,水やり過ぎは望ましくなく,成長期にリン酸二水素カリウム溶液を2回追肥した

シャクヤクはいつ植えたら一番いいですか?

一般的に秋に植えられ、具体的な時期は8月から9月の間とされています。 シャクヤクの新根は毎年秋に生長するため,この時期にシャクヤクを植えることはシャクヤクの発芽率を高めるのに有利であり,9月下旬に植えるのが遅れると根系の生長発達に不利となり,冬の寒さや春の干ばつに抵抗しにくくなり,死亡することになる。

シャクヤクの栽培手順

1、選地


植える前に乾いた種や不純物を取り除き、品質の良いシャクヤクの種を選ぶ。 土壌面では粗い砂質の土壌を選び,草炭土,園土,真珠岩を1:1:1の割合で混ぜて土壌を作り,そこに腐った鶏糞と落花生殻を添加して土壌を深掘りし,深さ30センチ程度の深さで農肥を基肥として加えた。

2、種まき

播種前は2日間ほどぬるま湯で種を浸し、種皮が柔らかくなってからすくい上げ、種皮が厚い場合は90%のアルコールで20分ほど浸し、浸し終わったら清水で洗います。 播種時に種を土壌に均一に撒き、1株あたり3.5センチほど、1行あたり8センチほどの間隔を空けた。 播種後は種子の上に土壌とビニールシートをかぶせ,30日後には根を張ることができる。

3、日差しと温度

シャクヤク喜光は、養殖の時は日差しが十分に出るようにして、そうしないと開花が遅れたり、冬は日照時間が短く白熱灯で補ったりして、毎日2時間程度の光を補給すればいいのです。 シャクヤクの生育に適した温度は16−24℃であり,冬期に根元に培土して防寒する。

4、水やりと施肥


シャクヤクは日照りに強いので、水をかける時に多くかけるべきではありません。土が乾燥している時にまた水をかけることができます。普段から植えて、シャクヤクに自然降水を受けさせればよいので、降水量が多ければ、速やかな排水に注意しなければなりません。 シャクヤクの現況期に速効肥料を1回、開花期後に複合肥料を1回、冬になる前にリンカリウム肥料を1回、その成長期にリン酸二水素カリウム溶液を2回施すことができる。

シャクヤクの冬の過ごし方

シャクヤクの安全な越冬のためには花枝の剪定が必要であり,黄枝および弱枝の剪定をタイムリーに行い,養分の消費を減らし,室内環境に移して養殖し,温度を20℃程度に抑えた後,乱視下に置き,暖房器具から離れ,毎日窓を開けて換気することで病害虫の発生を減少させることができる。

1、花枝剪定

シャクヤクがどのように冬を乗り切るかは霜降りになる前に枯れた花枝を刈り取り、養分の消費を切り取り、同時に害虫の繁殖を避ける必要があり、鉢植えで養殖されたシャクヤクの花に対する耐寒能力は比較的劣るため、室内の環境に移して養殖し、凍傷にならないようにするのが望ましい。

2、水やりを減らす

冬の養殖シャクヤクはまた水やり回数を減らす必要がありますが、特に低温の環境では、水やりが多すぎると土質が凍る現象が起こりやすく、根系の成長にも大きな影響を与えるため、見乾き見湿の原則にのっとった水やりが必要で、水温は室温に近い温度にする必要があります。

3、光照射時間を増やす

冬の光は比較的柔らかいので、この時にシャクヤクを乱視の環境に置くことができて、光を吸収した后に凍傷を緩和することができて、シャクヤクの越冬にとても役に立ちます、並べる時は暖房設備から離れて、さもなければ温度が高すぎて黄葉の現象が発生します。

4、風通しが良い

冬の間は室内の環境でシャクヤクを養殖し、風通しの良い環境を保つことも必要で、毎日窓を開けて風通しをよくし、病害の発生を減らすことでシャクヤクの成長も促進し、室内の温度を20℃程度に抑えることができ、0℃を下回ると凍傷になります。

シャクヤクの花言葉


シャクヤクは思いを込めて、誠実で、恋人と別れた時にお互いにシャクヤクの花を贈り、自分の感情をシャクヤクに託して、同時に自分の心の中の未練を表現して、シャクヤクの花は美しさと高貴さを象徴して、その根系はまだ薬を入れることができて、比較的高い薬用価値を持って、それを室内に并べて観賞の役割を果たすことができます。

シャクヤクの寓意

1、思い

シャクヤクの色は鮮やかで、観賞能力は比較的に高く、通常は懐かしさを込めて、惜別の感情を代表して、古代の恋人が互いに別れれば、シャクヤクの花を贈ることができて、自分の心の名残を表すことができて、同時に自分の思いをシャクヤクの上に託すこともできます。

2、誠実さ


シャクヤクはまた真心を意味して、自分の心の中の真摯な感情を代表して、シャクヤクは昔から感情を含む花と誉められて、人の意を知ることができて、そして観賞能力も比較的に高くて、日常は盆栽として家の中に置かれて、とても高い観賞作用を果たすことができます。

シャクヤクの象徴

1、美しい

シャクヤクの寓意と象徴の中でまた美しいことを象徴して、シャクヤクの姿はコンパクトで、観賞能力は比較的に高くて、牡丹とすべて富貴な花で、シャクヤクはとても高い観賞作用を果たすことができるだけではなくて、同時に根須は薬を入れることができて、良好な漢方薬材料に属します。

2、富貴

シャクヤクの花の姿の高貴さは富貴を代表して、よく庭に植えられて、富貴な姿を現して、生活の中で比較的に人気があり、しかもシャクヤクは一定の風水の作用があり、日常的に室内の環境の中に置かれて植えて、また富を増やす効果があります。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○