2019年真夏の郡上おどり祭りをご紹介!

暑さのピークと言って良い、8月に郡上八幡へ旅行に行ってきました。ちょうどお盆の時期だったので、郡上八幡の徹夜おどりのシーズンです。盛り上がっているお祭り会場や、郡上八幡のグルメもご紹介します。


0

【郡上おどりについて】

会場

郡上おどりというのは、岐阜県郡上市で行われる盆踊りのことです。

郡上市の郡上八幡城下町全体で行われます。

期間中城下町全体で行われているのではなく、その日ごとに会場が変わるという特殊なスタイルです。

ひと夏の間に市街地を一周するようです。

写真の山車の上で、お囃子演奏をします。

この日は徹夜おどり初日ということで、市街地の中心辺りが会場です。

開催期間

毎年、7月中旬から9月上旬の2か月間ほど行われています。

普通の盆踊りはたいてい1夜限りですよね。

この長い日程表を見ると、郡上おどりがどれほど長期間行われているかわかります。

そして、この郡上おどりで最も盛り上がるのが、8月13日から16日まで4日行われる盂蘭盆会(徹夜おどり)おどりです。

徹夜という名前通り、本当に20時から朝の4時、5時まで踊り明かすのです。

今回は、この盛り上がる徹夜おどりの初日に訪れました。

夜20時からおどり始めるということで、我が家は残念ながらおどりの手前までしか楽しめませんでした。

今回は日帰りで、しかも子供が小さいので難しかったです。

家が近い、または宿泊するのであれば可能でしょう。

しかしおどり手前まででも十分に活気を感じ、郡上おどりの雰囲気を楽しむことはできました。

歴史

この盆踊りは、国重要無形民俗文化財に指定されていて、日本三大盆踊りの1つでもあります。

大変歴史が深く、420年前から踊られていたということです。

江戸時代の人も踊っていたのですね。

駐車場

郡上おどりの期間はたくさんの臨時駐車場が設営されます。

我が家は愛宕公園近くの駐車場に駐車しました。

職員駐車場と書いてある敷地でした。

近くに八幡小学校があるので、本来は小学校職員の駐車場なのでしょう。

駐車場入り口に料金表示はなく、なんとなく入ったら警備の方が出てきて1000円徴収されました。

そして駐車するスペースを指定されるので、それに従いましょう。

ちなみに八幡小学校も駐車場として使用されますが、こちらも1000円です。

1000円が相場ということでしょう。

郡上おどり会場まで歩いて行くのにも便利な場所で良かったです。

【郡上八幡のグルメ】

飛騨牛炙りにぎり寿司 八満堂

基本情報

住所 岐阜県郡上市八幡町殿町175
Facebook Facebook

地図

にぎりや軍艦など3種類のお寿司が、大きなえびせんべいの上に乗ったものを注文しました。

注文が何件かたまっていて、番号順に待つスタイルです。

特に番号札等はないので、番号を忘れないように気を付ける必要があります。

そんなにたくさん待っているわけではなかったので気楽に待ち始めましたが、実際は待ち時間が異常に長かったです。

しかも待っている間に夕立のような強い雨に降られて、散々でした。

八満堂にはイートインコーナーもありますが、お客さんはほとんどいません。

いったい何に時間がかかっていたのか、不思議でした。

周辺で待っているお客さんどうし、思わず愚痴のような言葉を交わしてしまうほどです。

待った結果、すごく美味しい飛騨牛のお寿司をいただくことはできました。

大きなえびせんべいの上ににぎりなどが乗っているので、食べ歩きに最適です。

泉坂

基本情報

住所 岐阜県郡上市八幡町殿町177
電話番号 0575-67-0474
営業時間 昼:11:00~14:00
夜:16:00~22:00
定休日 火曜日
公式ホームページ http://izumisaka.com/

地図

泉坂は鉄板料理のお店です。

店内にはいろいろな人のサインも飾られていて、人気店のようでした。

訪れた日は8月13日火曜日だったので、本来なら定休日です。

しかし郡上おどりの目玉、徹夜おどりの初日だからでしょうか、営業していました。

ラッキーです。

ただし混んでいて、入店するために待つ必要がありました。

お祭りで城下町全体が本当に盛り上がっていて、人もたくさんです。

特別な日であることを実感することができますね。

飛騨牛指定店なので、飛騨牛料理は外せません。

かなり贅沢に、飛騨牛のヒレステーキを注文してみました。

ヒレは本来脂肪分は少な目で、あっさりした部位です。

しかし飛騨牛の場合は、霜降りの脂分とはまた別の、上質な脂肪分を感じることができます。

しつこくない脂といった感じですね。大人2人、子供2人で1皿を分け合いました。

もちろん子供たちにも大人気でしたよ。

このメニューは、メニュー表ではなく壁に貼って紹介されているのみでした。

もしかしたらいつでもあるメニューではないのかもしれません。

ちなみに料金は決して安くありません。

確か単品で4000円前後だったと記憶しています。

さすがに有名ブランドの飛騨牛ですね。

他には、飛騨牛焼きそばと鶏ちゃん焼き定食を注文しました。

泉坂の焼きそばは、少し歯ごたえを残した固麺です。

癖になる美味しさですよ。

鶏ちゃん焼きは、見た目ほど味が濃くなく、鶏肉のうま味を感じることができます。

岐阜のご当地メニューばかりを堪能です。

どれもみんなでシェアしたので、いろいろな味を楽しむことができました。

【郡上八幡城下町】

提灯がたくさん

こちらは一般家庭(おそらく)の玄関先です。

ごく普通の家庭でも郡上踊りの提灯を飾って、街の雰囲気を盛り上げていました。

本当におしゃれなお家ばかりで、しかもきれいにしているので一般家庭か観光施設かすぐにはわからないくらいです。

公共機関や観光地にはもちろんたくさんの提灯が飾られています。

それだけで美しい景観を作っていました。

吉田川

郡上八幡城下町を流れる吉田川です。

この写真は、時間がまだ早くて暗くなりきっていないのでわかり辛いですが、キャンドルが点々と飾られています。

小道を照らしているのです。

とてもおしゃれな眺めでした。

ちなみに吉田川と言えば、新橋という名前の橋からの飛び込みが有名です。

しかし死亡事故などの重大な事故も実際に発生している危険な行為なので、軽い気持ちで飛び込むのはやめましょう。

橋にも飛び込みを自粛するよう呼びかける警告が貼られています。

郡上八幡のせっかくの風流な雰囲気を壊さないようにするためにも、各自責任ある行動をとる必要があります。

旧庁舎記念館

旧庁舎記念館は、内部が郡上八幡観光協会になっている、市街地の中央部にある建物です。

この日は徹夜おどりの案内所になっていました。

この案内所ではうちわを無料で配っています。

裏に地図や郡上おどりの紹介が書かれていて、役立ちます。

表のイラストも思い出になりますね。

できるだけ早めのタイミングでもらうのがおすすめです。

巨大郡上踊提灯

市街地の大きな交差点に大きな提灯があってみんな写真を撮って楽しんでいました。

やはり浴衣を着ると、お祭りの雰囲気が盛り上がりますね。

男女問わず浴衣で出かけたい、盛大なお祭りです。

そもそも郡上おどりには、浴衣・下駄・手ぬぐいは欠かせないアイテムということです。

案内看板は多数

その日の郡上おどり会場から離れた路地では、ひっそりとした日常生活が続けられています。

しかし、おどり会場を知らせる看板は各所に置いてあるので、安心です。

入り組んだ路地で迷子になりかけても、看板を頼りに盛り上がった会場にたどり着くことができるでしょう。

郡上八幡は水の街

郡上八幡と言えば、水の街として有名です。

日本名水百選第1号に指定された宗祇水は特に有名な湧水です。

湧き水を上手に利用した、昔ながらのシステムは市街地で見ることがでます。

この写真の水場は郡上おどり会場に向かう途中通りかかった、住宅街にひっそりありました。

水という木製看板に火消しで使う鳶口が掲げられています。

横に鐘も下がっているので、消防が目的の水場でしょうか。

国の重要伝統的建造物群の選定を受けている、大切な街並みを全力で守っているのですね。

しかしこの水場は、生活水としても利用されていそうです。

おしゃれな街ですね。

郡上八幡のマンホール

ちょっとおまけでマンホールのご紹介です。

イラストは水の街らしく、アマゴだそうです。

マンホールは、その土地の特色をよく表すイラストが描かれていて面白いですよね。

つい注目してしまいます。

【実際行ってみて】

徹夜おどりのスタート時間は20時ということで遅めです。

もう少し早ければ見られたのに…と思いますが、あまり早いと徹夜するのが大変になりますから仕方ありません。

しかしお祭り会場の盛り上がりを味わうことができて、良い思い出になりました。

郡上八幡は何度か訪れたことのある地域ですが、徹夜おどりの日の様子は普段の市街地のものからはかけ離れています。

高山の街並みなどと比べると、普段の郡上八幡は本当に静かな観光地なのです。

郡上八幡が1年の中で1番盛り上がる時期は、間違いなくお盆ですね。

まるで別の地域のようでした。

この日は、19時頃に激しい雨が降りました。

一度やみましたが、予報ではその後また雨が降りそうということでした。

雨が降ったら徹夜おどりは中断されるのでしょうか。

我が家はちょうど踊りが始まった頃に帰路に就きました。

もったいなかった気もします。

幸いその後雨に降られることなく、きれいな月を見ながら帰ることができました。

郡上おどりにはいつか参加してみたいと思います。


いいね?あなたの友達と共有します!

0

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○