九州有数の温泉地 別府鉄輪を散策!


0

【アクセス】

JR博多駅から特急を使って約2時間・JR別府駅で下車

福岡都市高速「博多駅東」より高速道路を使って約2時間

別府は九州の玄関口博多駅から鉄道・高速道路を使って約2時間の場所にあります。

近隣の狭霧台(さぎりだい)豊後森機関庫も観光したい方はレンタカーを借りるのも良いでしょう。今回私は別府駅まで特急を使い、現地は徒歩とバスで観光しました。

行きたかった場所は全部回れたのですが観光スポットが点在しているので、別府でレンタカーを借りれば良かったかなと旅行を終えて強く感じました。

きつめの坂道が多く、夏場の徒歩での移動は熱中症の危険があるのでお勧めしません。

【別府の魅力】

大分県別府市は国内有数の温泉地であり、海外からも多くの観光客が訪れる活気ある大分第2の都市です。外国人留学生も多く、国際色豊かな雰囲気を楽しむこともできます。ご当地名物とり天や人気のラーメン店等、食も非常に充実しています。

別府駅前には無料の足湯があるので、移動に疲れた方は観光の前に是非利用してみてください。

また、JR別府駅から約15分で大分駅(大分市)へ行くことが出来るので、別府・大分両方の観光が一度の旅行で簡単にできます。

温泉のイメージが強い別府ですが、温泉街の散策や食べ歩きも楽しむことができます。実際に今回の別府旅行は敢えて温泉に入らず、街歩きの魅力を思いっきり味わって来ました。夜の温泉街はまさに「幻想的」の一言。異世界に迷い込んだ感覚でした。

今回メインにご紹介するのは鉄輪(かんなわ)温泉エリアです。

鉄輪温泉エリアを散策~お昼編~

別府の顔ともいえる鉄輪温泉。記事冒頭の湯けむり展望台も絶景ですが、今回は定番の観光地以外の場所を散策して来ました。

別府の観光スポットを一通り巡った方も新しい発見があるかもしれませんよ!

亀の井バス「鉄輪温泉東口」バス停前。

湯けむり展望台への道中なのですが、既に絶景が広がっています。

脇の坂道を登って後ろを振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

この景色を毎日見ているこの周辺にお住いの方々が羨ましい限りです。

ちなみに湯けむり展望台はここからかなりの距離があるので、徒歩で向かうことはあまりお勧めしません(経験済み)。


ちなみに私が別府を散策して思ったことは、ゴミが落ちてなく非常に綺麗な観光地だということです。そして地元の方も親切で、道に迷った時も親切に教えてくださいました。

温泉地にお住まいの方以外にとっては、常に湯煙が出ている街並みというのはとても新鮮だと思います。私は友人とのんびり景色を眺めたり、写真を撮ったりしました。歩く際は車にお気をつけて!

【お昼は別府ラーメン"ふらり"で】

別府は冷麺が有名なのですが、お昼はラーメンを食べることにしました。

以前別府を訪れた友人がここ"ふらり"を勧めてくれたので、迷わず決定。

ちなみに駐車場もあるので車でも行けますよ!


カテゴリは豚骨醤油ラーメンです。

濃厚なスープとトロトロの煮卵...豚骨ラーメンファンである私ですが、ここはリピーターになる程の美味しさでした。次回別府を訪れた際も必ず立ち寄ります。別府はラーメン屋さんも多いので、ラーメン巡りをするのも楽しいかもしれませんね!

ちなみに別府でお勧めの冷麺屋さんは"六盛"です。

写真は撮り忘れてしまったのですが、今まで食べた冷麺の中で一番のお気に入りになりました。


鉄輪温泉エリアを散策~夜編~

皆様お待たせ致しました。本記事のメイン、夜の温泉街散策です!

正直な話、当初は「晩ご飯食べたついでに散歩してみようかな」程度だったのですが、良い意味で裏切られました。

まずは温泉地区全景を見てみましょう。

昼同様夜も絶景です。多くの方はここで観光を終えて宿泊先へ帰ると思うのですが、路地散策が趣味の私にとってはここからが本番です!

ちなみに一眼で写真を撮られる方は(私もですが)夜間撮影に強いカメラかF値の低いレンズを持っていくことを強くお勧めします。

それでは、温泉街を散策していきます。

まずは老舗旅館が立ち並ぶメインストリート!

昼間もなかなか趣があって散策を楽しめるのですが、夜は人もまばらになるので静かな雰囲気の中お散歩を楽しむことができます。たまに車が通過するので気を付けてください。

写真好きな方は広角レンズでの撮影がお勧めです。

上の写真はCanonのEF-S 10-18mmを使用して撮影しました。

今回は時間にかなりの余裕があったので、1.5往復しました。この時点で異世界感が広がっているのですが、路地裏へ入り込むとさらに現実世界から離れた感覚になりました。


【いざ路地へ!】

私の旅のメインは路地裏散策です。

イタリアに留学していた頃、ふらっと入り込んだ路地裏が美しく、さらにお気に入りのカフェも見つけてしまいました。それ以来旅先では必ず路地裏を歩くことにしています。ガイドブックには載っていないお店を発見できることも醍醐味の一つです。

さて。話は逸れてしまいましたが、旅館通りのメインストリートから外れて路地裏へ入った瞬間、

「ここは異世界なのか!?」と心の中で叫んでしまいました。

ひっそりとした路地裏に漂う湯煙。そしてうっすらと路地を照らす電灯。

まさに幻想的」の一言。

美しすぎて数分間その場に佇んでいました。写真を撮る時間が勿体ないほど肉眼で見る風景が幻想的でしたね。今まで多くの観光地で写真を撮ってSNS等でシェアしてきましたが、「ここは自分だけの秘密のスポットにしておきたいな」と思ったのはここが初めてでした。

ちなみにここの通りに住んでいる方もいらっしゃるので、散策する際は静かにマナーを守ることを忘れないようにしましょう。

そして別アングルから。

千と千尋の神隠しを思い出すのは私だけでしょうか。

メインストリートから外れた路地には観光スポットに引けを取らない素敵な景色が広がっていることがあります。岐阜の飛騨や倉敷もそうでしたが、敢えて観光スポットから外れた所に不意打ちのように魅力的な場所があるんです。

別府は非常に多くの魅力的な観光地があるのですが、今までの別府旅行で一番心に残った場所は上の写真の路地裏でした。幻想的な曲をBGMにして歩くのも良いかもしれませんね(勿論イヤホンで!)。

後日別府旅行へ行く友人にこの場所を勧めたのですが、「とても幻想的で素敵だった。次も必ずここには行くよ!」と非常に良い感想を聞けました。

一見遠目から見ると普通の建物群ですが、近付いて散策してみるとそこには素敵な風景が広がっているかもしれません。

メインの観光スポットを一通り見終わって時間が余ってしまった方は、ぜひ観光ガイドに乗っていない路地などを散策してみてくださいね。

番外編:狭霧台

夜の路地裏散策を堪能した翌朝は、少し足を延ばして狭霧台へ。

別府駅から車で県道11号を経由して40分程で着きます。

前回は通過してしまったのですが、景色が綺麗だったので今回は立ち寄ることに。幸運にも天気は良く、道中もドライブを楽しむことができました。

広角レンズで撮影しました。

観光客はそれ程多くはなく、ゆったりと絶景を眺めることが出来ます。

後ろを振り向くとそびえ立つ山々。

大分は大自然が広がっており、大都会暮らしの私の心を癒してくれます。山も近く海もすぐそこ、そして程よく都会な別府に住んでいる方が私はとても羨ましいです。


温泉以外にもたくさんの魅力がある別府。

「別府は温泉入りに何度も行ったからなー...」という方も、次回は路地裏散策や食べ歩きをメインに訪れてみてはいかがでしょうか。きっと満足すること間違いなしです!


いいね?あなたの友達と共有します!

0
mita94

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○