サーク島の星空に思わずため息!行き方や島の様子を徹底レポート!

イギリスのチャンネル諸島の1つ「サーク島」へ行ってきました。島への行き方や、おすすめの見所、旅行に際しての注意点などをお伝えします。


0

満点の星空を見ようと思ったら、山奥や海岸などとにかく街明かりの少ない場所を探すのが普通です。ですが、世界には人々がごく普通に生活している町の中でも、極上の星空を見られる場所があるんです。

それがイギリスの「サーク島」

今回はイギリスが誇る世界屈指の星降る島をご紹介します。

【サーク島ってどんなところ?】

サーク島はイギリスのチャンネル諸島の1つで、人口600人、全周60kmというとても小さな島です。距離的にはフランスに近いところにあるのですが、実はこのチャンネル諸島、イギリスにもフランスにも属していません。

厳密には「イギリス王室属領」というものに属し、それぞれの島が独自の憲法・法律を持っていて、住民たちはそれらの法の下で暮らしています。

そのため、イギリスの法律は適用されない珍しい地域なんです。(ただし、外交と防衛に関してはイギリスが責任を負っています)

サーク島にも独自の法律があるのですが、それがちょっとユニークで、「星空を守るための法律」です。

まず、出来るだけ空気を汚さないようサーク島には自動車がありません。移動はトラクターか馬車のみです。(最近になって自転車もOKになりました)

また、町には街灯が一切なく、家の明かりもできるだけ上に向かないよう造られています。こうした住民たちの努力の結果、サーク島は世界で最も美しい星降る島となりました。

国際ダークスカイ協会が、人の居住区としては初めて、サーク島を「光害の無い場所」と認定しました。

【サーク島への行き方】

ネットで調べてもサーク島へのツアーはあまり見つからない(もしくは、あっても高額)なので、なかなか行きずらと思っている方もいるでしょう。ですが、個人での旅行先としては、そこまでハードルの高い場所ではありません。

日本から行く場合は、以下のルートが一般的です。

  • 日本 → ロンドン → ガーンジー島 → サーク島

サーク島には空港がないので、お隣のガーンジー島から船で行くことになります。各区間の所要時間や費用は、おおよそこんな感じです↓

日本
飛行機で12~13時間 往復10万〜
ロンドン
飛行機で約1時間 往復1.5万〜
ガーンジー島
船で約50分 往復5000円〜
サーク島

飛行機に関しては、「スカイスキャナー」で探すと安いチケットが見つかることが多いです。また、サーク島への船はこちらのサイトで最新の時刻表や料金をチェックしてください。

1つ注意点としては、「ガーンジー島 ⇔ サーク島」の船は便数が少ないので、フライトの時間によってはガーンジー島で1泊する必要も出てきます。そのあたりを考慮して旅程を組んでみると良いでしょう。

上記の他に、ジャージー島から船で渡る方法や、ロンドンからボーンマスへ移動し、そこから船でガーンジー島に渡る方法もあります。ただ、どちらもより時間とお金がかかるので、今回はオーソドックスな行き方のみ紹介させていただきます。

それでは、実際の写真と合わせてサーク島の様子をお伝えしていきますね。

【ガーンジー島からサーク島へ】

ロンドンに着いた私は、すぐに国内線に乗り換えガーンジー島へと飛びました。

こちらがガーンジー島の空港。

空港から港までは路線バスが運行しています。(所要時間:20分 料金:1£)

こちらが島の中心「セントピーターポート」の港です。

チャンネル諸島は本土に比べて晴れ間が多く、また気候も温暖なため、ちょっとしたリゾート気分を味わおうと、たくさんの旅行者が訪れます。特にガーンジー島は、各島への船が出ているので、港付近はとても賑わっていました。

町自体の印象としては、白塗りの建物やフランス文化の混じった独特の雰囲気が印象的で、ロンドンの重厚な街並みとはまったく違ったイメージを持ちました。一泊して観光してもよかったのですが、今回は先を急ぐことに。

こちらがサーク島へ向かう船です。

乗客は私の他に5,6人ほど。

事前情報では「船はとにかく揺れる」とのことでしが、私が乗った時はまったくそんなことはなく、快適な50分の船旅でした。

サーク島の港へ到着。これからガーンジー島へ戻る人たちと入れ替わりです。

話に聞いていた通り、港には車ではなくトラクターが数台停まっていました。

ここでドライバーに宿泊先のホテルを伝えると、荷物をトラクターに乗せて運んでおいてくれます。

ちなみに、希望すれば自分自身も乗せてもらえるのですが、私は町の様子を見ながらのんびり歩こうと思ったので、大きなスーツケースだけお願いしました。

サーク島には、ホテルやゲストハウス などが数件あります。宿泊先を探すときは「booking.com」を使ってみてください。

このトンネルが町への入口です。

異世界に迷い込むみたいで、ちょっとワクワクしますね。

【サーク島を歩いてみたよ】

島を歩いていて真っ先に思ったのは「とても静か」ということです。車が無いのも理由の1つですが、人もとても少なく感じました。滞在中、私は朝から夕方まで島をうろうろしていましたが、すれ違ったのは合わせて4,5人程度です。

これがオフシーズンだからなのか、たまたま合わなかったのかわかりませんが、人ごみを避けて静かな場所で過ごしたい方には最適だと思いました。

ちなみに、すれ違った人は「ボンジュール(フランス語でこんにちは)」と挨拶をしてくれて、それもまた新鮮でした。どうやら、ご年配の方は英語・フランス語どちらも話されるようです。

サーク島の道は基本的にすべて未舗装で、ところどころに木々のトンネルがあります。

くわえて、お洒落な家もポツポツと建っていて、さながらおとぎ話の世界に入り込んだような気持ちになります。

また、島を歩いていると羊に遭遇することもありました。

島なのでもちろん海も綺麗です。


ちなみに、町にはレストランが数店舗あって、美味しいシーフード料理が味わえるのですが、オフシーズンのためすべて閉まっていました…。代わりにスーパーでお惣菜を買って食べました。

【夜は満天の星空】

とにかく天気だけが心配でしたが、宿のオーナーから「今夜はバッチリ星が見れそうよ」と教えてもらい、夜10時まで待って外に出ると、まずその「暗さ」に驚きました。宿の戸を開けると、本当に真っ暗で何も見えないんです。

街灯がないことはお話しましたが、それにくわえてサーク島は半径10km圏内に一切の明かりがありません。「光」が無いとはこういうことかと、その時に初めて思いました。

それからスマホのライト片手に進むと、思わずため息が溢れそうな星空が広がっていました。

今までに見たことないほど天の川はくっきりしていますし、流れ星も次々に流れていきます。

せっかくなので、夜の島を歩こうと思ったのですが、あまりの暗さに若干恐怖を感じてしまい、宿の周辺で写真を撮るだけにしておきました^^;

世界屈指の星空に感動するとともに、これが島の人たちが大切に守ってきたものだと考えると胸が熱くなりました。

ちなみに、私は島に5日間滞在しましたが、そのうち星空が見られたのは2日間だけです。

季節にもよりますが、このあたりはそこまで晴天率が高くないので、できるだけ長めに滞在するのをおすすめします。


ということで、チャンネル諸島のサーク島をご紹介してきました。

日本人にはまだまだ馴染みのない観光地ですが、是非とも多くの方に訪れてほしい場所です。

星空はもちろん島ののんびりした雰囲気も素敵で、私はどこか懐かしい場所に帰って来たようにも感じました。

この記事で少しでも興味を持っていただけたら幸いです。


いいね?あなたの友達と共有します!

0

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○