野釣りは何本の竿で最適ですか?


0

野釣が多竿を使うことについては今年の初めに実は書いたことがあるのですが、当時は全面的に書かれておらず、きちんと説明されていないものが多かったので補足しておきます。 多竿同時釣りにはテクニックがあります。上手に使えばサプライズがあり、水揚げは倍になります。下手をすると一本多いと厄介者が増えると思います。 余計なことは言いませんが、やはり自分の多竿の使い方を話しましょう。

多竿釣りとは必ずしも単一タイプの釣りざおのことではありません

野釣りをしている時に手竿をしていると、私は普通二本使っています。二本を超えると操作が面倒で気が散りやすく、万が一大きな魚が左右に逃げ出して糸がもつれやすく、収まりません。 しかし他のタイプの竿は違います。筏竿、放竿、路亜竿など、私は多竿釣りは手竿だけではないと言っています。

今は寒くなってきました。水や草などの遮蔽物がない水域や接岸した場所は浅瀬です。魚は深いところへ、遠くへ逃げていきます。その時、手竿では足りないかもしれません。投げ竿を使って爆弾餌をつるすと、遠くの鯉や草魚を釣ることができます。いかだ竿を使って串や針をつるすと、ワンコやフナ、魚を釣ることができます。 このような遠投竿はあまりじっと見なくてもいいので、鈴をつけて鳴ればいいのですが、これで3、5本作るのもいいでしょう。

冬場は巣作りが遅く、一部の地方では魚の資源が不足しているので、巣作りに1時間か2時間かかるかもしれません。そうすれば、ルアが好きなら、巣作りの後、そばに行って2本の竿を振ることができます。 去年もこの頃でしょうか、私はいつもそうやって遊んでいました、村の野河の上流に発電所があって、発電所の出口にはちょうどまた大きなヨットの湾があって、毎日釣り場に着いて巣のフックにミミズを2本かけてからルアーに行って、ルアーは魚を上げることができませんでした(もっと自然に乗れる)。と、つまらない時間を過ごすだけです。 去年の今頃はもうとても寒くて、雑魚の巣があまりなかったので、いつ浮きが動いているのを見て、魚が巣に集まってきたと感じたら、路亜竿を置いて台釣モードに入り、一波を待って巣材を補点して、路亜遊びを続けました。

釣り上げを増やしたいのであれば、他の釣り竿が邪魔にならないようにするには、このテクニックを覚えておきましょう。

私たちの方で野釣りをしている人はよく双竿を使っています。

私が観察してまとめましたが、基本的に半分以上の人が二竿遊びをするのは、ほぼ同じくらいの長さのものを使って、穴を一つなくしてしまうのが好きです。 このようなメリットは、見やすいことであり、信号を逃さないことです。

しかし、私は利益よりも弊害の方が大きいと思っています。皆さんは野釣りがどんなものか考えてみてください。ほとんどの地域は水広魚が少ないでしょう。もともとあまり魚がないのに、何本か竿を同じ穴に置いて、万が一巣を作らなければただでは済まされません。 運の良い時もありますが、偶然に魚の口にぶつかると引っ張られてしまいます。しかし、二本の竿を一緒にすると糸が絡まりやすくなります。糸を絡めた結果、あなたがたは分かっています。

私は二本の竿を毎回同じ場所に置きません。左か右か前か後ろに置きますが、長いか短いかを使っても2本の竿は少し離れて「V」の形をしています。

2本の竿を使うと2つの穴を開けるので、巣材は違うものを使うのが一番いいですし、1本の酒米1本で粒を使うので、もちろん使う糸のセットも全部違うので、とにかく主従の差がなくてはいけません。 暑い時は魚が活発で、魚種も豊富で、小魚も多いので、私はよく餌でフナ、ワタカ、トウモロコシ、顆粒、小麦などを釣る。

寒い時は魚の种類が少なくなり、雑魚も多くないので、二本の竿にミミズをかけてフナを釣ることができ、もちろん餌にも一竿のミズを釣ることができます。 私の習慣は、補助竿に使う糸の組が太くて、釣り針が大きくて、浮き加減が鈍いことです。 とにかく少しでも邪魔をしないようにして、魚を食べさせておけば気が楽になります。

多竿釣りを使うには主従の区別がありますが、サブ竿魚口が主竿よりも良い場合がよくあります。

補助竿の糸の組は一般に太くて、釣れるのが鈍いので、補助竿の魚の口が主竿より良い時、多くの人は2本の竿を位置を変えて、糸の組を細かくして、釣れる主竿を補助竿の位置に変えることができるかもしれません。

魚がなぜエサをエサにしているのかわからないので、私はめったにしませんが、その時の魚の調子で釣れないかもしれませんね。 竿を替えて釣れるようになったのに魚がこのセットを食べなかったり、信号が多くてうっかり槍が魚に当たって巣揚げになったりしたら、それは巧妙なことになってしまいます。

だから、副竿魚の口がいいときは、注意力をそらせばいいし、装備の釣り方は変えなくてもいいし、その調子でいくのが一番いい。 野釣りが少ないので、ブラックピットのように大群を作ることはできません。時には十数個以上の魚、さらには数個の魚を釣るだけで、鈍感なシグナルの反応が遅く、毎回魚が餌を食べてから身を翻してから、穴が開いたり、黒く漂ったりすることもあります。これでは釣れませんが、魚は穴の中に長くいるので、より多くの魚を引き寄せるチャンスがあります。

自分でも似たような状况をよく考えてみてください。例えば、釣れない人が太い糸を使って鉛を流し、穴にたくさん魚が入っているのに、釣れるスピードが遅い。半日に1个釣れるが、長い間、口が開いているのをよく観察してみてください。しかし、一部の装備が精巧で、釣れる釣り仲間は、魚を釣るスピードは速いが、しばしばリンク数分で完全に魚がいなくなってしまう。なぜなら、彼は巣の中の魚を一度に全部釣り上げてしまったので、次の波はまだ間に合っていないからだ。 注意して、私はそういう状況があると言っているだけで、毎回というわけではありません。

3本の竿をそろえて巣作りの考え方を変え,たくみに大きな板フナを揚げる。


巣作りに関してはいつも矛盾点がありますが、野川水広魚稀は、遠距離の魚をもっと早く誘い込むにはどうすればいいのでしょうか。 それは巣材の濃度を高め,粉餌の割合を大きくして霧化と散乱を起こすことである。 一方、野河の魚は控えめで、味の強いものをあえて食べるとは限らず、巣材が多くて食べきれず雑魚になる可能性もある。

このような場合に備えて一つ試してみる方法がありますが、事前に言っておくと、私は効果を保証しません。 方法は3本の竿を使い、主竿は少し長めのサブ竿は少し短いが、長さの差はあまり大きくしないで、できれば3.9 1本4.5本のようにしておく。 それから「W」の隊形をして並んで、それぞれ三つの穴をあけて、左右の穴を濃い目に、たくさん、ばらばらにして、真ん中の主竿が離れている穴を少し少なく、味が薄い、精確に打つことができる。すると、大きな板フナが味に引き寄せられますが、左右に食べ物が多く、味が濃くて食べられず、真ん中を選ぶことになります。

なんで3本の竿を使うのか、1本の竿を使って3つの穴を作ってもいいんですよ。 この「濃淡合わせ」の小屋は2、3年前に言ったが、その時に言ったのは1本の竿が2つの穴を掘り返して釣り合うということだったので、1本の竿が3つの穴を掘るのは完全に通用する。 ただ、今は寒くなってきたので、魚の口はそんなによくないし、雑魚も少ないし、竿3本の中に魚を入れる確率は高いと思います。

最後に、多竿釣りにはもう一つ「悪ノリ」の遊び方が

通常は空軍を避けて魚を釣る確率を高めるために釣るが、巣引きのような他の場所でも使うことができる。 野釣が暴言にぶつかる机会はあまりなく、偶然にも人柄が爆発してリンクに魚が乗ってくると必ず周囲の釣り仲間の注意を引くので、そこに人が寄ってくるのは避けられません。

上の「濃淡多窩釣法」を参考にして、左右に1本ずつ竿を置いて、「W」の隊形で并べますが、この時、竿の長さは同じで、両側に穴をあけたり、糸の組み合わせを細かくしたりしなくてもいいです。 このとき,多竿の目的は魚を乗せることではなく他の人が巣をこすってしまうことを防ぐことであり,主竿への干渉を減らし,魚群が分散しないようにするためには,対象魚のあまり好まない餌を太い鉤の大糸で掛けることを提案しているが,具体的な操作については多くを語らず,周知すべきであると考えられる。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
投稿
○○○○○○○○