九州-日本人もあなたに教えない極致の秘密の場所です。


0

日本の大都市の街をよく知っているか、日本にあこがれて違う旅をしているかもしれません。 ここで–九州七県を駆け抜けて、あの高い山の密林の中の秘境を探り、これまでとは違った旅をスタートさせます。

TIPS:

九州は上海から1時間しか離れていない飛行時間です。ここは雄大で壮麗な自然と近代的な繁華都市があります。

九州は福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、宮崎、大分の7県を管轄しています。

行楽コース:福岡県→佐賀県→長崎県→熊本県→鹿児島県→宮崎県→大分県

第1駅“福岡県”

福岡県は九州七県の中で最も人口が多く、最もにぎやかな県であり、中国に最も近い日本の大都市でもある。

見逃せないスポットの「河内藤園」


「日本一美しい藤園」「歩いて行ける油絵」と言われる河内藤園は、福岡県北九州市八幡東区河内にある、世界10大絶景の私営藤園です。

22種類、150本の藤の木からなる1000坪の大藤棚は、ここを夢のように飾っています。 豊かな花々が目に余る色彩を頭上に浮かび上がらせ、ここの四季はまるで世の中のすべての色を凝縮しているかのように見せてくれます。

毎年4月から5月にかけて、いろいろな藤が順番に咲き誇ります。 11月から12月にかけては、紅葉がまぶしく、春から夏にかけては秋冬にかけて、あなたの行程には欠かせないスポットです。

見逃せないスポットの「糸島半島」


福岡市中心部から西へ約20キロで青い海が広がる、のどかな田園風景の糸島半島。

ここはドライブの絶好の場所です。 ここにサーファーのメッカ「二見浦」があります; 自然の奇観「芥屋の大門」奇岩がある。 ここには「食の都」福岡の様々なグルメがあります; ここには良質の米や美酒などの名物があります。 ここには日本最大規模の海辺公園があります。 ここはまだ買い物の小さなパラダイスで、…

とにかく九州では、最高の体力を糸島半島に残しておきましょう、誰がそれを全部持たせるのか!

第2駅「佐賀編」

福岡に別れを告げ、一路西へ行けば佐賀県に来ることができますが、佐賀は九州七県の中で最も小さい県で、日本の伝統文化と職人精神が凝縮されています。

見逃せないスポットの「祐徳稲荷神社」

稲荷神社は日本で最も数の多い神社であり、その主祭神である稲荷神は日本神話の穀物であり、食物の神様の総称であり、富を象徴しています。 貞享4年(1687年)に創建された祐徳稲荷神社は、日本三大稲荷神社の一つです。


祐徳稲荷神社には年間280万人もの人が訪れています。 未来と人生への祈りが込められたこの場所では、参拝の度に特別な感動が訪れる。

祐徳稲荷神社の見頃は毎年3~4月で、ここでは例年3月初めに例祭が行われています。 毎年4月になると、山東公園には約5万株のツツジが咲き乱れる。

見逃せないスポットの「柿右衛門窯」

佐賀は日本の「陶芸の里」。 日本の佐賀県にある柿右衛門窯は、400年の歴史を持つ老舗であり、絵磁器の代名詞でもある。 ここで有名なのが独自の「赤絵」です。「赤絵」とは、陶磁器製作者が家の前の柿の木を見て、柿色を陶磁器に注ぎ、上品で風格ある味わいを出すことから生まれたと言われています。

日本の陶磁器文化の美しさを堪能し、柿右衛門の進化と変遷を目の当たりにしたいという方には、ぜひともお勧めです。

第3駅「長崎編」

さらに南へ行けば長崎県にたどり着く、風光明媚な海の県であり、日本の有名な観光名所でもあります。

見逃せないスポットの「大浦天主堂」


1549年にキリスト教が初めて日本に伝わり、その後西日本で広まった。 長崎はスペイン人、ポルトガル人の交易の港として西洋文化を受け入れやすく、キリスト教の伝播が最も盛んだった。 江戸時代からキリスト教徒たちは徹底的に弾圧されてきましたが、それでも信仰を守り、250年もの長きにわたって潜伏してきました。「長崎教会群とキリスト教関連遺産」は、「伝播と繁栄」、「弾圧と潜伏」、「復活」などの過程を経て、この世で唯一の歴史的過程であり、現在の「長崎教会群とキリスト教関連遺産」を生み出した。 現在、「長崎教会群とキリスト教関連遺産」が世界文化遺産に登録されており、2016年の世界文化遺産登録リストで日本から唯一の推薦候補となっています。

長崎教会群の中でも最古のキリスト教堂で、日本の国宝にも指定されている唯一の洋風建筑、それが大浦天主堂です。

大浦カトリック教会は1864年に建てられ、外観はゴシック様式で、教会内に140年余りのフランスのステンドグラスがあり、中世のヨーロッパの風情に満ちている。 ここでは、日本が外来文化とぶつかる時の遺風を見ることができ、歴史の情景の中で教会の荘厳さを感じ、歩いているうちに歴史と現在を考えることができ、一味違った趣があります。

見逃せないスポットの「猿岩」


長崎島の神話では、長崎国は神が海の中に創造した生きた島で、神が八本の柱で長崎島を囲ったとされていますが、猿岩もその一つです。 長崎県の黒崎半島の最上階、高さ約45メートルにある猿岩は、なんと自然の鬼斧神工がこの玄武岩を猿の顔に形づくっている。

ここをさまよって、自然の奇観を感じ、古典神話の世界を歩いた。

第4駅“熊本県”

長崎に別れを告げ、東へ向かうと九州の中心に位置する熊本県。そう、熊本はあの有名なくまモンの出身地で、チークが2つ生えているアホな子熊である。

見逃せないスポットの「鹿目の滝」

日本三大急流の一つである球磨川と九州自然回廊における人吉桃源の起点である鹿目の滝は、日本の滝百選にも選ばれています。

いわゆる有名な滝にはたくさん行ったことがあるかもしれませんが、鹿目の滝のような滝はあまり見たことがありません。 主滝は高さが数十メートルもあり、人吉盆地湖に直入して壮観でした。

毎年夏の暑さをしのぐにはもってこいの場所でもあり、住民は夏の涼しさを満喫しながら地域の人文風情を味わう「鹿目の滝まつり」を開催しています。

見逃せないスポットラピュタの道

日本の熊本県にあるラピュタの道で最初に注目されたのは、宮崎駿の「天空の城ラピュタ」で、ラピュタは「天空の城ラピュタ」の飛行島の名前だったため、訪れた人たちから「ラピュタの道」と呼ばれていました。

ラピュタの道は歩いても乗っても絶景で、目いっぱいの緑だけでも十分に惊きます。歩いていると空中に浮かんでいるような感覚になり、現実と幻想の境界はますます曖昧になり、まるで漫画の世界にいるような気分になります。

第5駅「鹿児島県」

熊本から南へ行くと、九州最南端に位置する鹿児島へ。 鹿児島は有名な温泉の里であり、世界でも数少ない活火山の街の一つでもあります。

見逃せないスポットの百合ヶ浜

本物の純白の砂浜は、世界でも指折り。 誰もが称賛する百合ヶ浜です。

ここの砂は色が真っ白なだけでなく、形まで特別で、空の星のようなので、ここの砂は「星砂」とも呼ばれています。 「星砂」については、自分と同じくらいの年齢の砂粒を持ち帰れば、そこから幸運が訪れるという説もあります。

ここでは、夏こそ絶好の季節であり、熱い夏、大きな日傘を持ち、椅子に座って、次々と海水の冲撃を感じ、波がきらきら光っていても、小眠していても、すばらしい楽しみの一つである。

見逃せないスポットの「屋久島白谷雲水峡」

屋久島は鹿児島の南に位置し、鹿児島県大隅列島群の一部でもあり、鹿児島中と大隅海峡を挟んでいます。

霊気あふれるこの島はあまり知られていないが、この島は「旅のコントロール」たちが最も憧れる観光地の一つであり、誰もが幽霊姫の森の神秘的な景色を一目見たいと思っている。

宮崎駿の「もののけ姫」をご覧になれば、アニメのあの大きな森、屋久島の白谷雲水峡の森を思い出すはずです。

白谷雲水峡は降雨量が豊富なので、いろいろな植物も青々と生えていて、屋久杉、ホトトギス、細葉の白クマ、屋久島昇麻などの植物でできた絶景の自然が広がっています。 花崗岩が雨水で浸食されてできた太鼓岩が木の下の渓流の間で起伏を続け、神秘的で壮大でした。

第6駅“宮崎県”

九州地方南東部の宮崎県は「日向国」と呼ばれ、南九州観光の一大拠点であり、日本有数の観光名所でもあります。

見逃せないスポットの霧島アートの森美術館

野外アートが好きなら、ぜひ宮崎県にある霧島アートの森美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

700メートルの高原に位置し、自然の地理的環境を利用して配置されたスケールの大きな野外美術館です。 石、鉄、プラスチックなど多様な素材で作られた彫刻芸術品で、「野外展示広場」と「樹林地帯」には国内外22人の優れた芸術家たちの現代彫刻芸術作品も展示されている。

見逃せないスポットの「高千穂峡·真名井の滝」

宮崎県の特色ある観光地は高千穂峡で、五ヶ瀬川峡谷とも呼ばれている。

この峡谷ができたのは、12万年前と9万年前の2回の阿蘇の噴火の時。 火山から噴出した溶岩が五ヶ瀬川に沿って流れ出て帯状エッチングとなり,最終的にこの峡谷が形成された。 東から西へのスパンだけでも7kmあり、断崖はすべて柱状になっており、次々と下流へと広がっていきます。 刀で削られたような岩壁が畏敬の念を抱かせる。

もちろん、山頂のようなスリリングな場所に立つことなく、小舟を借りることで、世外の高人たちののんびりとした気持ちを楽しむことができる。 こちらの高千穂温泉もぜひ試してみてください。ミネラルが豊富なので日本人に好まれています。美容と健康にとてもいいです。

第七駅“大分県”

最終駅、大分県。 ここは九州の屋根とも言われ、観光資源が非常に豊富で、特に温泉数と湧き出泉量は日本一です。

見逃せないスポットの「酢屋の坂」

大分県の酢屋の坂は懐古のいいところですが、古い町並みの歴史が長く、建物も時代色があります。

上級武士が住んでいた北台武家屋敷旧市街に立つと、日本独特の杵築城下町が見えてきますが、その長い坂道を一望すると酢屋の坂になり、階段の下の平らな道が有名な商人の町です。 商人の町を横切るのは、酢屋の坂と相まって志保屋の坂。

見逃せないスポットの山奥霧島

深山霧島は九州南部の鹿児島県と宮崎県の境にある活火山で、霧島温泉郷など観光客に人気の温泉の名所がここです。 温泉以外にも、えびの高原や高千穂の河原は有名な登山基地です。 山登りを楽しんでからゆったりと温泉につかるのは、これほど快適なことはない。

毎年12月には、深山霧島で450年の歴史を持つ「塚原甘酒まつり」が上演され、地元の人たちからは「女房まつり」と呼ばれています。 山に登り、地方文化を味わい、深山霧島は失望させません。

いずれにしても、九州七県に及ばず、日本の美を味わうには十分ではない。 世界はあんなに広いのだから、そろそろ行ってみようかなと思って、次は九州七県の魅力を一緒に感じてみようかな。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
問答
Series of questions that intends to reveal something about the personality
トリビア クイズ
Series of questions with right and wrong answers that intends to check knowledge
投票
Voting to make decisions or determine opinions
投稿
○○○○○○○○
リスト
The Classic Internet Listicles
カウントダウン
The Classic Internet Countdowns
Open List
Submit your own item and vote up for the best submission
Ranked List
Upvote or downvote to decide the best list item
Meme
Upload your own images to make custom memes