サクランボを食べるメリットは? どうやって植えるのか。


0

 

さくらんぼの苗木の植え付け時期

一般的には,サクランボ苗の植栽も合理的な時期に行うことで,株の正常な生育を保つことができるが,サクランボ苗の植栽時期は秋の10月から11月頃であり,その際の植栽も活着率の高い時期であり,春の3月中旬に移植可能である。

サクランボの苗木の植え方

1、基質処理

さくらんぼの木を植えるのは適切に疎松湿潤、有機物を含み、土層が深く、排水が比較的に良い土壌を選び、植える前に松土の処理を行う必要があり、同時に十分な基肥を与え、苗の生長に必要な養分を提供し、期間は主に腐熟糞の水溶液を施すことを主とし、一般的に土壌の底部に適量の鋸末を排水層に加えることができる。

2、入植管理

20−30cmおきに穴を1つ掘り,苗木を中に入れて土壌を少し覆う。その間は根を埋めるだけでよく,手で軽く固めた後,1回水をかけ,定植後は常に苗に水をかけ,水を溜めないようにし,雨期になると排水作業を行う。

3、植後管理

サクランボは成長傾向が強いため,幼若期に適量の速効性窒素肥料を施すことで根系の生育を促進し,開花期に入ると葉面に希薄尿素溶液を1−2回散布し,ホウ素肥料やリン酸二水素カリウムを適量加えて水分を与え,生育期間中は常に土壌を湿潤に保つ。

さくらんぼの苗木の生育習性


1、さくらんぼの耐寒性は比較的に弱く、温かく、湿潤なところに生長し、年平均気温が15-16℃のところに栽培し、甘いさくらんぼは冷たく、乾燥したところに生長し、さくらんぼの自然の眠り期間は80-100日、甘いさくらんぼの休眠完了に必要な冷気量は7.3℃以下で、時間は1100-1300時間である。

2、サクランボ酸は1200-2500時間を必要とし、サクランボの休眠期間は比較的に短く、一般的に冬末の春先の気温が暖かくなった時に発芽しやすく、もし「春の寒さ」(霜あるいは雪)に遭遇すると、花の器官が凍り、生産量に深刻な影響を与える。

3.ですから、植える際には、毎年春の低温寒波が襲う時期が花期と重なっていないか、年ごとにサクランボの開花期に不利な天候(霜雪、強風)などが発生する場所では作付けできないこと、また災害性のある天候が少ない場所では、開園時にも適切な小さな地形を選んで作付けするように注意してください。

サクランボを食べるメリットは?

1、貧血予防

現代人の高頻度の病気です 普段からサクランボをたくさん食べると貧血症状の発生を予防することができます。サクランボという果物には微量元素である鉄が豊富に含まれています。これはヘモグロビンとミオグロビンを合成する重要な原料です。この物質を吸収すると、造血機能が著しく高まり、貧血症状が好転するからです。

2、はしかの予防

サクランボは麻疹予防の逸品果物でもあり、麻疹の高い季節にサクランボの塩水をあとで取り出して家の子どもに飲めば、麻疹の予防に効果があり、さらに麻疹が出た時にサクランボの実の芯をそのまま煮て水で飲めば発汗した発疹の解毒にも重要な効果があるとされています。

3、痛み止めの収束

サクランボは栄养価が高いだけでなく、薬用効果も優れているので、痛みを和らげることができます。 普段からやけどややけどをしている人は、サクランボを直接すりつぶし、傷んだ部位に果汁を取り出して塗ると、痛みを和らげ、傷口の化膿の進行を防ぎ、傷口の癒合を早めることができます。

4、淡斑美白

サクランボは栄養たっぷりの果物で、 タンパク質や糖類が豊富に含まれているだけでなく カロチンとビタミン、そして多くの体に良いアミノ酸が含まれています。これらの物質は体内に吸収されると、皮膚細胞の再生を促進し、メラニンの皮膚表面への沈着を抑えることができ、シミの生成を抑えることができ、シミを薄め、普段からよく食べることができ、美白·淡斑が肌を潤す重要な役割を果たします。

サクランボを食べすぎるとどうなるか

1、さくらんぼを食べすぎると中毒になる

さくらんぼはおいしいだけでなく、鉄分の含有量も非常に高く、ヘモグロビンの再生を促進し、鉄欠乏性貧血を予防し、また体質を強化し、脳を健康にし、顔を維持し、皮膚を赤潤させ、若白させ、しわを除去し、斑を取り除くことができる。 しかし、サクランボは鉄分が多く含まれている上、シアンも一定量含まれているため、食べ過ぎると鉄中毒や水酸化物中毒を起こす。 軽度の場合はサトウキビ汁で熱を下げて解毒することはできない。

2、さくらんぼを食べすぎると火がつきやすい

チェリーは古くから「美容果」と呼ばれており、鉄分が豊富で、肌をなめらかに潤うものをよく食べます。 しかし注意すべきは、桜桃性温、食べ過ぎはのぼせ、鼻血、肺損傷などの症状を引き起こし、一度に食べ過ぎると胃痛、パントテン酸、ひいては腹痛、下痢に至ることもある。

サクランボがくちびるを食べたのはどういうことだ

原因

さくらんぼには青花素が含まれています。 青花素はよく見られる天然の植物色素で、水に溶けて、さくらんぼを食べた后、さくらんぼの中の青花素が口の中に溶けて、唇、歯、舌に付着して、口が黒くなった感じがします。

解決策

1、歯磨き

口の中の染め込みを歯磨きできれいにすることで、残った果物のかすもきれいにすることができます。

2、水を飲む

青花素は水に溶けるので、水を飲むと色素を薄めて持っていくことができます。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
問答
Series of questions that intends to reveal something about the personality
トリビア クイズ
Series of questions with right and wrong answers that intends to check knowledge
投票
Voting to make decisions or determine opinions
投稿
○○○○○○○○
リスト
The Classic Internet Listicles
カウントダウン
The Classic Internet Countdowns
Open List
Submit your own item and vote up for the best submission
Ranked List
Upvote or downvote to decide the best list item
Meme
Upload your own images to make custom memes