四つ葉の花言葉と栽培方法と時間


0

クローバーは別名クローバーとも呼ばれ、多年草。 主に2つのタイプがありますが、シロツメクサとベニバナミツメクサです。 クローバーは良質のマメ科牧草で、茎や葉が細くて柔らかく、葉の量が豊富で、粗蛋白の含有量が高く、粗繊維の含有量が低く、家畜を放飼することができ、草食性魚類を飼育することもできる。 その中でもシロクローバー(Triofliumrepens)は,株が低く,適応性が高いため,都市緑化による芝生造成に優れた植物である。

四つ葉の花言葉

四つ葉のあるクローバー、すなわち四つ葉のクローバー(ツユクサともいう)を誰かが見つけたら、誰かが幸せになると言われています。 だからヨーロッパの一部の国では、道端でクローバーを見た人たちは、ほとんどそれをしまって、平らにしておいて、来日して人に贈ることで、彼らの友人へのすばらしい祈りを表現しています。 四つ葉の一枚の叶は愿いを表し、一枚の叶は希望を表し、一枚の叶は爱情を表し、最后の一枚の叶は幸福を表している。

伝説の四つ葉のクローバーは、イブが天国エデンから大地に連れてきて、花言葉は幸せだった。 別名ミツバとも呼ばれています。 通常は3弁の葉しかないが,4弁を見つける機会率は1万分の1であり,幸福と天に恵まれていることが示唆された。

四つ葉の栽培

ミツバは分布が広く,適応性が高い。 家畜の優良飼料であると同時に、農作物の優良前作であると同時に、果樹園の地表を覆う優良な低作であると同時に、水土の保持、蜜源、薬用、緑肥と芝生地が植物と優良な養地作物である。 クローバーは前世紀70年代に昆明地区に導入されて試験栽培に成功して以来、すでに広く応用され、非常に良い経済、社会と生態効果を生み出している。 人工的な大面積栽培に向いています!

クローバーは寒さに強く,気温が0℃まで下がると老葉の一部が枯れ黄となり,主根の小葉が地面に密着して生育を停止したが,そのまま緑色を保った。 そのため、緑の期間が長い。 土壌への要求は高くなく,様々な土壌タイプに適応でき,酸性化土壌で良好に生育していた。 温かみ、日当たり、水はけの良い環境条件を好む。 干ばつの場合は成長が遅く、高温の季節には部分的に枯死する。剪定に強く,踏みつけに強く,再生能力が高く,剪定後10d以内に更新小葉が発生する。 高い強度で踏みつけたり、ひいたりすると、3~5dで回復します。 強い遮蔽の場合には徒長になりやすく、生育不良になる。 クローバーは有害ガス汚染や病虫害に強い。

栽培時期

クローバーは春3~4月,秋9月に播種するのが適しており,この2つの時期に播種するとより活着率が高く,まず良質な種子を選ぶ必要があり,クローバーは毎年7~9月に開花し,花からクローバーの種子を得ることができ,面倒な場合には市場に行ってクローバーの種子を購入することも可能である。

浸種発芽

期間中は種子の処理も必要であり,用水,モリブデン酸アンモニウムを5000:1の割合で混合し,選別した種子を12−13時間程度浸漬することで種子の迅速な発芽を促し,病虫害を予防することができる。

土壌を選ぶ

クローバーの土壌に対する要求はそれほど高くなく、土壌が粗雑で、通気性と保水性に優れ、肥沃度の高い土壌で生育することを好み、普通は田園土、黄砂、有機肥料を5:3:2の比率で混合することができ、この混合土はクローバーの成長をより頑丈にすることができる。

種まきを始める

期間中は処理した種子を土に18~20粒撒き、その上に少量の細土を敷き、適量の水分を散布し、土の層を湿らせたまま日陰で養生し、3~7日間待つと芽が出てきて、それを日光の十分な場所に移して丁寧に養殖すればよい。

水をかけて肥料を施す

ミツバの生育期間は,水やりが多すぎたり少なすぎたりしてはならないが,ミツバの正常な生育に影響し,土壌が乾かなければ水やりをせず,施肥も用量を把握しておき,春秋両季には10−15日ごとにリン酸カルシウム肥料を,夏季には1か月ごとに窒素肥料を,冬季には施肥しなくてもよい。

適温

三叶草を十分な太阳だまりに并べて养うことで、成長を促し、観賞価値を高めることができます。三叶草の成長に适した温度は19-24℃、期間は5℃を下回らないようにします。冬には室内に移して、十分な太阳だまりを与えて、5℃以上に抑えて、安全に越冬することができます。

病虫害の予防と治療

1、菌核病

(1)病症:菌核病はクローバーが罹患しやすい病害であり,発病早期に葉に水浸状,浅褐色の斑点を呈し,長時間放置すると他の葉に急速に広がり,クローバー全体の美観に大きく影響し,白いフロックを生やし,クローバーを枯らして全株が死亡する。

(2)防除方法:クローバーに菌核病が発見された場合は,クローバーを土壌から掘り出し,腐った根を切って新たな土壌に植え直し,20%シラゾミド,40%腐カビリウマチ性粉剤などを散布して防除する必要があり,7日ごとに1回散布し,3−4回連続で使用すればよい。

2、シロチョウ幼虫

(1)病症:ミツバは4−10月の時点でモンシロチョウ幼虫の被害を受けやすく,ミツバ幼虫はミツバの汁を吸収せずにミツバの葉をそのままかじり,ミツバが正常に成長せず,観賞価値を低下させ,深刻な場合はミツバの枯れ死に至る。

(2)防除方法:シロチョウ幼虫がクローバーに危害を及ぼすことが確認されれば,期間中にシロチョウ幼虫をすべて人工的に処理するか,青虫菌粉剤1000倍液を散布するか,メイガ菌の湿性粉剤1000−1500倍液を希釈するなどの薬剤で防除し,7日ごとに1回散布し,2−3回連続使用すればよい。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
問答
Series of questions that intends to reveal something about the personality
トリビア クイズ
Series of questions with right and wrong answers that intends to check knowledge
投票
Voting to make decisions or determine opinions
投稿
○○○○○○○○
リスト
The Classic Internet Listicles
カウントダウン
The Classic Internet Countdowns
Open List
Submit your own item and vote up for the best submission
Ranked List
Upvote or downvote to decide the best list item
Meme
Upload your own images to make custom memes