ひまわりの寓意と栽培方法


0

ヒマワリは私たちの生活の中で非常によく見られます。 ヒマワリの花はとても大きくて、黄色を呈して、形は太陽のようで、同時にヒマワリの花はいつも太陽に向かって咲いて、とても美しくておっとりして、とても高い観賞価値があります。 ひまわりには、自分なりの寓意や伝説もあるので、ひまわりの寓意や栽培方法を知っておきましょう。

ひまわりの紹介

ヒマワリは、キク科ヒマワリ属の一年草。 高さ1~3·5メートル。 茎は直立し、円形は多角いが、質は硬く白い太い毛で覆われている。 広卵形の葉は通常互生し、先端は鋭利に突起したり尖ったりして、3脈が出て、辺縁は粗いギザギザを持ち、両面は粗い、被毛、長い柄がある。 頭状花序、直径10~30センチ、茎の頂あるいは枝の端に単生する。

総包片は多層,葉質,覆瓦状に配列し,被硬毛,夏季開花,花序辺縁に中性の黄色い舌状花を生み,結実しなかった。 花序中部は両性管状花で茶色または紫色で,結実する。 トルク卵形や痩果、果皮の木質化、灰色や黒でヒマワリの種と呼ばれる。

南米原産で、馴化種はスペイン人が1510年に北米からヨーロッパに持ち込み、最初は観賞用だった。 19世紀末、ロシアから北アメリカに引き戻された。 中国ではいずれも栽培されている。 ヒマワリの種はヒマワリの種と呼ばれ、よく炒めて間食にして食べる。味は美しく、ヒマワリの種の油を搾って食べることもできる。油かすは飼料にすることもできる。

ひまわりの寓意

ヒマワリの花言葉は太陽です。ヒマワリは太陽の周りに生える花だからです。 昔、インカ帝国はひまわりを太陽の神の象徴とし、ひまわりの祝福を受けて誕生した人は、ひまわりのように明るくて楽しい心を持ち、太陽のように多くの人から慕われ、崇拝されていました。 また、野生のヒマワリもあり、花言葉は相性です。

ひまわりにまつわる伝説

ひまわり–ロシア国花。 旧ソ連の人々はヒマワリを愛し、国花にした。 今でもロシアでは国花をヒマワリと定めている。「柳の綿が風に吹かれず、ヒマワリだけが日に傾いている」。 向日葵、あこがれ光明の花、人に合わせて美しい希望の花、それは全身が宝で、自分を无私に人類に捧げます。 ヒマワリについては、歴史に美しい伝説があります。昔、明姑という農夫の娘がいた。彼女は実直でおとなしくて、きれいな顔をしていたが、後の娘の「女覇王」に目の敵にされ、あらゆる侮辱と虐待を受けた。 ある時、ちょっとしたことで、后ろの娘に逆らって、后ろの娘を怒らせ、鞭で殴った。ところが、取りなしに来た実の娘に手を出してしまった。すると后ろの娘は怒ったり、恨んだりして、夜、明の娘が寝ている間に目をくりぬいた。明姑は痛みに耐えかねて門を破って逃げ出しましたが、やがて亡くなり、死後は彼女の墓に鮮やかな黄色い花を咲かせ、終日日差しに向かい、それがヒマワリでした。 明姑が光明にあこがれ、暗を嫌う意を表し、暴力を憎み、暗を憎み、光を求めるようになったと伝えられています。 このヒマワリは今も生い茂っている。

なぜヒマワリは太陽に向かっているのか

ヒマワリが太陽に向かって回転するのは面白い現象です。 光が当たるとひまわりが太陽に向かって回転しますが、これはヒマワリの株が芽を出してから花が咲くまでの間、その葉や花盤が太陽に向かって回転し、東から西へと変わり、プランターが満開になってからは回転することなく、決まって東へ向かうことを言います。

事実、ヒマワリの花や葉は太陽に合わせて回転しているが、実はこれはリアルタイムで同期しているわけではなく、科学者が計測したところヒマワリの回転は太陽にわずかに遅れていることがわかった。 ひまわりが回っている間に、朝、太阳が升り、太阳が沈むと、その花盤がゆっくりと振り子に戻り、午前3時頃には、東に戻ってきます。

ヒマワリの栽培時期や方法、どのくらいの収穫があるのか

選択して整地する

1、ヒマワリは土地の整地、肥大力など、灌漑が便利で、土壌の粘性が相対的に小さい土地に栽培するのに適しており、期間中は重作地に栽培するのに適していない。

2、ヒマワリは一般的に種子方式で子孫を残すが、播種時に泥炭土を主とし、播種前に新高脂膜を利用して交雑種を作ることで、地下害虫の退避に有利であり、同時にウイルス感染を隔離し、種子の発芽率を高めることに有効である。

 

栽培時期

ヒマワリの生育速度は比較的速く,一般に春秋両季に播種可能であるが,春3−4月に播種を開始すると,より高い活着率で播種されることになる。この時間帯はヒマワリが生育する黄金期であり,播種適温は18−25℃で,播種後5−7日程度で出芽するためである。

査田補苗

1、ヒマワリは双子の叶の作物で、一般的に土を掘って苗を出すのが大変で、それに加えて整地、播種の質が高くない、あるいは播種后に雨にあって表土が板状になったり、病気、虫、ねずみ、すずめなどの害が出たりして、すべて苗不足や畝立ての断ち切りになりやすい。

2、そのため、苗の全播きを保証するために、苗の出た時期に田ごとに検査し、苗の一列になって不足している苗を適時に補って植えなければならない。

間引き定苗

1、ヒマワリは早めに間引きし、苗の絞り込みを避け、苗の育成に影響を与え、塩基性地と虫害の大きい土地については、苗の定着時間を適当に遅らせることができる。

2、同時にヒマワリは早めに苗を植える必要があり、苗を育てるのに有利で、同時に花盤の発育を促進し、苗を植えるのは2対の真葉の時に行うことができる。

中耕除草

1、栽培期間中は2~3回中耕し、適度な草取りで松の土を取り、板切れ、保水分、蒸発の減少、塩基による害の軽減などの役割を果たす。

2,1回目の中耕は1−2対の真葉で間引きによる定苗を組み合わせて行うが,2回目の中耕は定苗後1週間で行い,3回目の中耕は畝立て前に溝切り,土作り,施肥を組み合わせて行う。

溝を掘って追肥をする

ヒマワリは比較的好肥であり、一般的に開溝追肥は第3回中耕時に行うことができ、期間は窒素燐酸肥料を主とし、1ムー当たりリン酸二アンモニウム5kg、尿素10kgを施肥し、開溝培土を経て二次的な生育を有効に保証し、株の倒伏を回避し、子葉節以下の基部枝を減少させることに有利である。

適時灌水

1、ヒマワリ灌水は一般的に溝灌水方式を採用しており、草丈が1.5メートルの品種では、頭水は蕾期に、二水は初花期に、三水は灌水期に行うことができる。

2,草丈が2メートル前後の品種では,頭水は開花4−5日前に,干ばつのひどい区画では湛水は適宜早め,二水は頭水後6−7日後に,三水は湛水期に行うことができた。

受粉管理

1、ヒマワリは自家受粉の結実率が低く、異花受粉の結実率が高いため、速やかに人工的な補助受粉を行う。

2、花盤、パフ、綿糸手袋などで受粉したり、親本の花粉を集めて小さなブラシで親本の柱頭に軽く塗り、受粉は盛花期に3~4回行えばよい。

採算時間

1、一般的にヒマワリは種を蒔いて日差しの下に置いて丁寧に養殖し、50-80日ほど待つと花が咲き、7-9月には実が熟し始める。

2、ひまわりが熟したら、それを加工してウリにして食べたり、熟した実を採って油をしぼって食べたりすることができます。ひまわり油は、作った食べ物の味をおいしくし、同時に脂を落とす働きをします。翌年には、熟した種子を使って種をまくこともできます。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
問答
Series of questions that intends to reveal something about the personality
トリビア クイズ
Series of questions with right and wrong answers that intends to check knowledge
投票
Voting to make decisions or determine opinions
投稿
○○○○○○○○
リスト
The Classic Internet Listicles
カウントダウン
The Classic Internet Countdowns
Open List
Submit your own item and vote up for the best submission
Ranked List
Upvote or downvote to decide the best list item
Meme
Upload your own images to make custom memes