大豆の栄養価と効果作用


0

大豆は私たちの日常生活の中で最も一般的でよく見られる豆制品の一つですが、実は学生時代に豆制品を食べることが多かったのかもしれませんので、今では豆制品にあまり興味を持っていません。 しかし、大豆は栄养価が高いことを知っています。そうしないと、学生時代には豆制品をたくさん食べて体の栄养を補給することができませんでした。

大豆の栄養価と効果作用

大豆という別名があり、私たちの日常生活で最もよく見られる豆類の食べ物です。 大豆は蛋白質、アミノ酸及び食物繊維を豊富に含んでおり、その栄養価値が非常に高いため、多くの栄養学者に高く評価されている。 普段から大豆を好んで食べる人は少なくないが、その食べ方も多様だ。

1、血脂を落とす

大豆中の植物ステロイドは血液中のコレステロールを下げる働きもあり、腸管に入るとコレステロールと競争してコレステロール吸収を減らすことができる。 しかし、血中の「悪玉コレステロール」を下げても、血中の「善玉コレステロール」には影響しない。

2、血管硬化を防ぐ

大豆は血管の硬化を防ぎ、心血管疾患を予防し、心臓を守る。 大豆中のレシチンは、肝臓に脂肪がたまりすぎないようにする働きもあり、肥満による脂肪肝の予防にも効果的だ。

3、降糖、降脂

大豆には膵臓の酵素を抑える物質が含まれており、糖尿病の治療に役立っています。 大豆に含まれるサポニンは明らかな脂質低下作用を持ち,体重増加を抑制する。

4、美白スキンケア

大豆は肌の老化を改善し、更年期症候群を緩和する効果もある。 また、大豆に含まれるリノレイン酸が皮膚細胞中のメラニンの合成を防ぐ効果があることも日本人研究者の実験で分かった。

5、認知症の予防

普段から適量だけ大豆を食べておくと、認知症の予防にも効果的だ。 また,大豆にはステロールという物質が含まれており,神経機能を増強し,活力を促進する効果がある。

6、がん予防

大豆にはがんの発生を予防する効果があり、がんによっては一定の抑制作用がある。 その中でも特に乳がんでは、その抑制効果が顕著だ。

干し大豆の保存方法

干し大豆は普通、水を干したり風で乾かしたりします。 冷蔵庫に入れるまでもない。 冷蔵庫で冷凍するとまた水が入る。 乾いた大豆は陶器の缶にふたをして外に保管し、湿らなくても長時間置くことができる。

具体的な貯蔵方法は以下のとおりである。

干し大豆はたくさんでなければ、洗って干したコーラの瓶に入れ、ふたを締める。 多いと、普通倉庫では薬剤でくん蒸します。 食用の塩基を入れますが、食べるときは必ず洗ってくださいね。そうしないとお腹が出てしまいます。

乾燥したペットボトルに入れておけばよいので、それを詰めたら、日陰で冷やしておくとよいでしょう。 乾いた所では,光を避けたり,変質したり,水に当たったりするとカビが生えやすい。 冷蔵庫やサプリメントに入れてはいけません。大豆の中には、高いところに置いて風通しをよくするべき酸化酵素があるからです。

大豆は何かと一緒には食べられない

大豆タンパク質にはリジンが多いが、メチオニンは少ない。 植物食品を主とする農村地域では、大豆製品を食べる時にメチオニンを豊富に含む食品と組み合わせて、米、麺などの穀類と鶏、鴨、ハト、ウズラなどの卵類食品を使用することで、大豆タンパク質の利用率を高めることに注意しなければならない。 卵と豆を組み合わせて食べると、栄養価は肉類のたんぱく質に匹敵する。

1、大豆は豚の血、豚の肝、豚肉、羊肉、ワラビと一緒に食べる。

2、豚肉と豆類の相克:腹部膨脹、気滞、気滞を形成する。

3、エビと大豆の相克:同食は消化に影響する。

4、大豆と牛乳の相克:大豆に含まれる化学成分は、牛乳に含まれる豊富なカルシウムの吸収に影響する。

大豆の栄養価と効能

5、大豆と豚の血の相克:大豆と豚の足は同じに食べてはいけないが、中毒しないで、栄養を破壊して、しかも下痢をすることができる。

7、テトラサイクリン服用中は大豆を断食する。

8、大豆を塩基で煮込むべきではない。

9、炒めた大豆をたくさん食べるべきではない。

10、大豆と蜂蜜も一緒に食べるのは良くない。沈殿物ができ、多食は軽い中毒になる。

大豆を正しく食べると血中コレステロールを下げることができる

大豆を食べて养生する風潮が流行している。運働族の筋肉を増やすだけでなく、血中コレステロールを下げるのにも役立つ。大豆は「0コレステロール」の食物であるが、脂肪を含み、過剰摂取や調理方法が間違っているため、血中脂肪やコレステロールを高め、心血管の健康にも影響を及ぼす可能性がある。

大豆を食べ間違えると、やはり高コレステロールは上半身を探します。 大豆を食べるコレステロール値は0で、いくら食べても問題ないと一般の人は考えています。 しかし、大豆の脂肪は低脂肪肉類と同じで飽和脂肪を含んでおり、食べすぎると肥満や高脂血症のリスクもある。

大豆や豆乳、豆腐などをそのまま食べると、心血管を保護したり、血中コレステロールの発生を予防したりするのに役立つ。

しかし、一部の場合は、例えば、痛風患者は急性発作期に大豆製品を食べすべきではなく、その含有量はプリンシパルであるため、食べてはならない。 慢性腎臓病患者はたんぱく質の摂取量を抑え、大豆の摂取を推奨しない。 貧血の人も、たんぱく質食を摂取する場合は、まず栄養士に相談することをお勧めします。

大豆は決してこの一粒の小さなものを見くびってはいけません。その小さな体には大きなエネルギーが含まれており、大豆の栄養価は高いと言えます。 今では大豆の栽培も非常に普及しています。小さな編が池のほとりを通る時、池のほとりを掘って一列に並んだ大豆を栽培している人を見ると、大豆がとても愛されていることがわかります。


いいね?あなたの友達と共有します!

0
miciaka

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

------------------
問答
Series of questions that intends to reveal something about the personality
トリビア クイズ
Series of questions with right and wrong answers that intends to check knowledge
投票
Voting to make decisions or determine opinions
投稿
○○○○○○○○
リスト
The Classic Internet Listicles
カウントダウン
The Classic Internet Countdowns
Open List
Submit your own item and vote up for the best submission
Ranked List
Upvote or downvote to decide the best list item
Meme
Upload your own images to make custom memes